バックナンバー 2018年 7月

平成30年7月30日(月)10時30分~ルネこだいらにて「公立昭和病院けんこう講座」~院長教えて!生活習慣とがんの話~が多くの市民の方が参加され開催されました。(主催:小平市健康福祉部保険年金課)講座開始前に「こだ健体操」の紹介の後、参加者全員でも実施。講演は①生活習慣病の予防と対策②生活習慣とがんの2テーマでした。小平市は、平成28年度に市議会公明党が強く推進し実現した「みずから健康をつくるこだいら」の健康都市宣言を行いました。講演終了後も活発な質疑応答があり、実り多い「けんこう講座」となりました。帰りに市役所に寄ると姉妹都市締結40周年の節目となる「おびらのこども達」を迎える準備が整っていました。(写真:けんこう講座の様子、午後の市役所の様子)096088091095098103105

平成30年7月30日(月)小平市栄町2丁目にある「栗の木公園」のベンチが整備されていることを確認致しました。本年7月初旬、同公園近隣市民の方から「今年は猛暑で、何とか木陰になるところにベンチを設置してもらえないでしょうか」とのご要望を頂く。早速現地を市民の方と確認。翌日、市の担当課に相談したところ、既存のベンチを1台木陰になるところへ移設して頂くと同時に既存のベンチ3台全てにペンキを塗る対応をして頂きました。速やかに対応頂きましたことに感謝申しあげます。ありがとうございました。(写真:7月4日撮影、ベンチ移設前、7月30日撮影、ベンチ移設後とペンキ対応後のベンチ)012121112

平成30年7月30日(月)午前8時30分~小平交通(有)本社駐車場をお借りして「小平市コミュニティタクシー実証実験運行開始式」が盛大に開催されました。(小平市 都市開発部 公共交通課)平成28年5月の「小平南西部地域コミュニティタクシーを考える会」発足以来、実に26回の協議を重ね、本日の実証実験開始に結びつけることができました。また当日は考える会の方をはじめ、近隣地域の方にも多くご参加頂き晴天のもとスタートできましたことは、本当に喜ばしいことです。今後、本コミュニティタクシーが地域の生活交通の一翼を担うことを期待致します。沿線の市民の皆様、どうかご利用下さい。(写真:当日の様子、キー贈呈式、筆者も体験乗車)075057006124125

平成30年7月30日(月)より平成31年1月29日(火)までの6ヶ月間「小平市コミュニティタクシー鷹の台西側ルート」の実証実験運行開始にあたり、運行事業を担って頂く小平交通(有)社に7月27日(金)ご挨拶させて頂きました。いよいよ地域の悲願であるコミタクの運行が開始されます。9人乗りのワンボックスカーです。7月25日には、12ヶ所の停留所の設置も完了。あとは地域の方がどこまで利用して頂けるかにかかっています。本コミタクが市民の足となり、多く利用されることを心より祈っています。またその為の努力を今後とも行って参ります。どうか皆さんご利用ください。(写真:実際に運行で使用される9人乗りの車両、停留所の様子)004011009003013

平成30年7月26日(木)「小平駐屯地納涼祭」が盛大に開催され、来賓の一人として参加させて頂きました。市民の方も家族連れで多く参加。また市商工会女性部の方も盆踊りに登場、コダレンジャーの出演には子ども達も大喜びでした。広い芝生のグラウンドを子ども達が自由に伸び伸びと安心して走りまわっている姿に平和を感じると共に、広く地域に親しまれている納涼祭となっていることを改めて実感致しました。お天気にも恵まれ無事開催でき本当によかったです。自衛隊の皆様いつも本当にありがとうございます。(写真:当日の様子)017028

平成30年7月26日、小平市道「五中通り」(小川町1丁目)の路面に「幅員減少」の表示と「この先幅員狭し 譲り合いを」の注意喚起看板が各2ヶ所に設置されたことを確認しました。7月30日(月)からB地区のコミュニティタクシーの実証実験運行開始に伴い、そのコースにもなっており、走行開始前の措置に感謝申し上げます。五中通りは「道路幅員」と「雨の日の水溜り対策」が大きな課題となっており本会議の一般質問でも取り上げ、市に要望して参りました。今後も粘り強く改善に向けて取り組んで参ります。(写真:7月26日、路面表示された五中通りの様子と注意喚起看板)005009

平成30年7月24日(火)付の「公明新聞(4面)の波紋」に地域で実現した内容を依頼者の立場で新聞に投稿して頂きましたことに感謝申し上げます。ご依頼を頂いて実現には10ヶ月の歳月を要しましたが、市の道路課の担当職員の方が武蔵野美術大学と粘り強く交渉して実現した内容であります。拡幅された歩道部分はバスの停留所にもなっており、利用される多くの市民の方からも「歩道が広くなって助かります」とのお声を頂いております。(写真:7月24日付公明新聞投稿記事、5月19日撮影、拡幅後の歩道部分の様子)019284

平成30年6月初旬、市内中島町の地域まわりをしている中で、長年空き家となっている住宅があり「金木犀の木が大きくなっており、南側道路の交通障害にもなっているので、何とかしてもらいたい」とのお話を頂く。早速、市の地域安全課に相談。7月27日に現地で庭の剪定が行われていることを確認致しました。道路の見通しもよくなりました。対応頂きました市の担当課に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:6月10日撮影時の様子、7月27日撮影、せん定後の様子)006014

平成30年7月発行の「白梅北自治会ニュース」に「佐藤とおる」の取り組みが大きく紹介され、7月22日、同自治会主催の「家庭ごみ有料化及び戸別収集移行について」の説明会終了後にご挨拶をさせて頂きました。内容は、同自治会内の交通対策課題についていくつかご相談を受けており、その取り組み内容を報告させて頂きました。(写真:市立第五中学校での当日の様子、自治会号外ニュース、挨拶の様子)045134135白梅北自治会2018.07.22

平成30年7月21日(土)午前11時~小平市立小平第十二小学校の「楽縁祭」が猛暑のため、雨天時対応と同様に学校体育館と南校舎中心に開催されました。(主催者:十二小地区青少対)10月に開校50周年の記念事業を控えており、本年は7月開催となりました。私は、グランドの駐輪場誘導対応役員として参加させて頂きました。また当日は暑さ対策として「おやじの会」の有志で体育館入口に「ミストシャワー」を設置して頂きました。市立小平第五中学校の吹奏楽部の演奏と高齢者クラブ第二八千代会の友情出演等「楽縁祭」は地域に支えられてのお祭りとなっています。当日の売店をはじめ役員について頂きました全ての関係者の皆様の労に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:当日の様子)004027026020

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp