バックナンバー 2018年 2月

平成30年2月28日(水)午前9時より、市民の皆様方から頂いたご要望を実現したく、以下4件の一般質問を3月定例本会議で行いました。

1、南西部地域の交通安全対策を問う

①小平都市計画道路3・4・23号国立駅大和線の青梅街道と立川通りとの2つの交差点の交通渋滞解消を目指し、3・4・23号線の4ヶ所の右折車線を時差式信号機に変更すべきと考えるが市の見解を伺う。

②玉川上水通りを東小川橋から東に進み上水新町1丁目のくぬ木公園までは20kmの指定速度が設定されているが、くぬ木公園から東に百石橋を越えて上水新町2丁目に入る丁字路までは何故か指定速度が設定されていない。近隣には緑地ばかりではなく住宅地も多くあり交通安全の視点から指定速度を設定すべきと考えるが市の見解を伺う。

③小平都市計画道路3・3・3号線と3・4・23号線の丁字路には信号機が設置されていないが、今後該当の丁字路には民間バス2路線の運行も予定されており交通安全対策上、信号機の設置は必須と考えるが市の見解を伺う。

④本年1月22日の積雪に伴い、市道においても約10日間程度、道路に凍った雪の塊が残り交通障害となりました。今後の冬時の積雪を想定し市内事業者と雪の除去に向けた事前協定を締結しておくべきと考えるが市の見解を伺う。

⑤1月22日の積雪により小平市立第一小学校の通学路に指定されている青梅街道歩道も約10日間凍結状態が続きました。保護者の方から「怪我こそなかったが子どもが転倒して怖いおもいをした。何とか改善して欲しい」とのお話を伺いました。通学路の安全確保の視点から今回の積雪による凍結の教訓をいかし小学校区単位で通学路の積雪による危険箇所の把握と仮称「積雪時の雪かきボランティア登録制度」を事前に構築しておくべきと考えるが市の見解を伺う。

2、公益社団法人小平市シルバー人材センターの機能アップに向けた支援について

市民の方から小平市シルバー人材センターにトイレの水もれの仕事を依頼したところ「水まわりの関係の仕事ができる人の登録がなく受け付け出来ない」とのお返事を頂いたとのこと。「以前は対応して頂いていたのに何とかならないでしょうか」とのお声を頂戴しました。現状の改善を目指し以下質問致します。

①小平市シルバー人材センターで本来できる仕事で人材の登録がなく出来なくなっている仕事を市は把握しているか。

②小平市シルバー人材センターで不足している部門の人材登録への市として対応できる支援策について市の見解を伺う。

③小平市シルバー人材センターにおいて人材登録はないが市民ニーズのある仕事、例えば水回りの仕事を想定し近隣市との広域連携を検討・協議すべき時期に来ていると考えるが市の見解を伺う。

3、犬の飼い主のマナーアップを目指して 

犬を飼っている市民の方から屋外での犬のふんの未処理に対する怒り、悩み、相談を多く受けます。飼い主のマナーアップを目指し以下質問致します。

①現在、市で犬のふん害の多い場所・地域を特定し把握できているか伺う。

②現在、市が進めている犬のふん害防止対策に加え京都府宇治市が進めている放置ふんを発見した際にその周囲にチョークで丸をつけたり発見日時を記入したりといういわゆる「イエローチョーク作戦」を本市においても導入展開すべきと考えるが市の見解を伺う。

4、市の公会計の整備状況と今後の活用方法について 

地方公会計の目的は大きく2つあります。1つは市民や議会、外部に対する財務情報の分かりやすい開示による説明責任の履行。2つ目は財政の効率化・適正化であります。現行の公会計は、現金収支を議会の民主的統制下に置くことで、予算の適正・確実な執行を図るという観点から現金主義会計(単式簿記)を使用しています。現在、総務省主導で一般企業で使用している発生主義会計(複式簿記)を現在の現金主義会計を補完するとの立場で導入を推進しています。本市においても本年3月末までに国の定めた統一的な基準に向けて準備を加速していると認識しています。そこで現在の本市の公会計整備状況と今後の活用方法を確認したく以下質問致します。

①国の定めた統一的な財務書類の作成について、本市の進捗状況を伺う。

②現在、国が進めている公会計制度改革により、資産・負債総体の一覧的な把握が可能となりまた固定資産台帳の整備により公共施設マネジメントへの活用が期待されています。本市における公共施設マネジメントでの具体的な活用方法について市の見解を伺う。

(写真:平成30年1月19日撮影の3・4・23号線の立川通りとの交差点の様子)

053

平成30年2月26日(月)小平市栄町2丁目の栄町記念公園前の栄町通りにある「四季の小路公園」の園路整備が進んでいることを現地で確認致しました。当公園は平成7年の栄町区画整理事業の中で東西全長1150メートルの歩道を「四季の小路公園」として整備。以来20年以上を経過し園路の植栽部分の維持管理に課題があり雨の日等、歩行にも支障を来すこともありご利用の近隣市民の方からも園路整備の要望を頂き、本会議の一般質問でも取り上げ改善を要望して参りました、この度、小川西町1丁目のさくら公園通りの園路整備に続き3ヶ所目となる栄町2丁目の13小通り西側の痛みの激しかった園路整備が進んだことに喜びがひろがっています。ご対応頂きました市の「水と緑と公園課」職員の皆さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:2月26日現地で撮影)020013

平成30年2月24日(土)13時30分~社会福祉法人黎明会、障がい者支援施設「澄水園」にて「地域とつながる~地域移行の可能性を考える~」と題してのセミナーがあり参加させて頂きました。講師を務められたのは横浜市保土ヶ谷区にある社会福祉法人幸会の理事長の伊藤浩氏。氏の豊富な現場経験と体験をもとに約2時間の講演のあとに質疑応答。知的・発達障がいのある方々がよりよい人生を送るために、小平市として何ができ、何をしなければならないのかを整理し市の窓口と今後確認して参ります。(写真:黎明会澄水園にて)011013

平成30年2月24日(土)午前10時~ルネこだいら中ホールにて「~男性にも知ってもらいたい~女性の視点で考える防災」セミナーが危機管理教育研究所の国崎信江(くにざきのぶえ)代表を講師にお迎えし開催されました。女性の視点からの基本を学びたいとの想いで参加させて頂きました。講師の国崎さんからは女性の立場や生活者の視点から見た防災・防犯・事故防止対策のお話が種々ありましたが、今回の講演内容は自分でまずできる備え、自助に徹底的に光をあてお話をされました。被災した時の生活再建の厳しさを知り「自然災害共済保険」への加入をはじめ、自宅で怪我をしない備え、災害時の食事と備蓄方法、非常持ち出し等どれも大変分かりやすくやる気になれば即実践できることばかりでした。まず地震保険には加入しているものの「自然災害共済保険」への加入も検討する必要があると感じました。(写真:ルネこだいらにて)005006

平成30年2月23日(金)午前8時30分~17時小平交通安全協会主催の研修会に参加し、中日本高速道路㈱川崎道路管制センター(神奈川県川崎市宮前区)を視察致しました。所管範囲も東京都・神奈川県・山梨県・静岡県・長野県・愛知県の1都5県の高速道路530Kmを所管。高速道路の各所に設置されている監視カメラと制御コンピューターを駆使した川崎道路管制センターで交通管制と施設制御を行っている様子を担当者の方から説明を受けました。海外からの視察も多く受け入れておられるとのこと。特に最近は東南アジアの国からの視察が増えているとのことでした。日本の高速道路は様々な事象が発生しても速やかに対応できる態勢が整っています。長い間で積み上げてきた日本の交通管制技術のレベルの高さを感じます。従業員の方が誇りを持って働いておられるる様子を伺い「ソフト・ハードとも世界に誇れる安全・安心の交通管制だと」と強く感じました。(写真:川崎道路管制センター)001006007

平成30年2月18日(日)の夜は多くの日本国民、勿論小平市民もテレビに釘づけになりスピードスケート女子500のレースを固唾をのんで見守ったことだと思います。結果は36秒94の五輪新記録での金メダル!スピードスケート女子の金は史上初の快挙!今回の平昌(ピョンチャン)オリンピックの日本選手団の主将を務め1000メートルでは銀メダルと大活躍。小平市民として同じ「こだいら」の名前がここまで日本中に世界中に発信されることに大きな喜びと誇りと感動を覚えます。小平奈緒選手本当におめでとうございました。益々のご活躍をお祈り申し上げます。(写真:平成30年2月19日、讀賣朝刊記事)002003

平成29年12月24日(日)の午前9時からのわくわくグループでの野火止め緑地周辺の清掃活動中、栄町2丁目1のNO29のドーム型のゴミ集積所が周辺の住宅環境を考慮すると恐らく未使用であろうと考え、市の資源循環課に相談しておりました。A(小平市栄町)地区のコミュニティータクシーのバス停が集積所の目の前にあり空き缶等の不法投棄があり12月24日も撤去したところです。枯葉が吹き溜まりのようにありましたので清掃して頂いた後、周辺住民の説明後、閉鎖の運びとなりました。資源循環課の職員の皆様ご対応頂きましてありがとうございました。(平成29年12月27日撮影の現場、平成30年2月16日閉鎖を現地で確認しました)094098007008

平成30年2月8日(木)14時~府中の森芸術劇場にて㈱日本総合研究所の藻谷浩介(もたにこうすけ)氏の「これからの観光振興と商店街の活性化」~各地の成功・失敗事例から多摩地域が学ぶこと~の講演を拝聴する。全国を飛び回っておられる氏の講演は数値に基づきプロセスが明確でお聴きしていてとても分かりやすかったです。小平市に置き換えれば「地域資源を最大限いかす」また「地産地消にもっと力を入れる」等、こだいら観光まちづくり協会を中心に地域資源をネットワークで結び地産地消を推し進める等できることはたくさんあります。私も地域の資源を観光まちづくり協会につないで参ります。(写真:当日の様子、帰りに隣接の公園に更新設置されたベンチを見て→まず寝ることはできません。木よりも雨に強い素材で緑の公園にもマッチしているなと感じました)003057

平成30年2月7日(水)10時~小平市議会環境建設委員会にて東京都武蔵野市で取り組んでいる「公園・緑地リニューアル計画」を視察致しました。武蔵野市には現在178ヶ所の公園あり。リニューアルの必要度を①利用実態②施設・地域性③活用のポテンシャルで総合評価を実施。年2ヶ所の公園のリニューアル整備を確実に実施している様子を伺いました。現在小平市議会環境建設委員会にて本市の312ヶ所ある「公園の利活用について」5人の委員で手分けして現状把握している最中での視察でもあり、先進的に取り組んでおられる武蔵野市の事例は大いなる参考となりました。受け入れて頂きありがとうございました。(写真:2月7日、武蔵野市役所にて)009011013

平成28年2月9日、市内中島町「松の木自治会」の市民の方から「松の木自治会を通る市道の痛みが激しく、道路の補修を行って欲しい」との要望を現地で頂く。道路課に当該道路の補修工事を強く依頼しておりましたところ「平成29年度の道路補修工事計画」に盛り込んで頂き今回の補修工事となりました。ご依頼を頂いた松の木自治会の市民の方から「道路の補修工事が完了しました。ありがとうございました。」との嬉しいお電話を2月5日に頂戴しました。ご依頼頂いて丸2年の歳月は要したものの本当に整備され良かったと思います。市の道路課の職員の皆様ありがとうございました。(写真:工事中の様子、平成30年1月28日撮影、工事完了後の様子、平成30年2月6日撮影、止まれの白線も鮮やかです)005001012029

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp