バックナンバー 2017年 3月

平成29年3月25日(土)午前10時30分より「東京2020オリンピック・パラリンピック フラッグツアー」が小平市役所の南側芝生広場にて元バレーボール日本代表の大林素子さんをお迎えし多くの市民の皆様も参加して頂き、お天気にも恵まれ盛大に開催されました。大林素子さんからは、選手として3回のオリンピック出場また解説者としても5回の参加経験から様々なお話をして頂きました。特に選手村の食堂については、競技開催中は24時間いつでも食事ができる態勢になっており人数も2000人の方が同時に食事ができるお話等、子ども達にも分かりやすくお話して頂きました。フラッグの展示については、市役所庁舎1階ロビーで3月27日(月)~31日(金)朝8時30分~午後5時まで開催しております。(写真上:芝生広場にて大林さんと市の代表、写真下:フラッグツアー紹介パネルと大会の成功を期して天高く舞い上がる風船)047072063

 

平成29年3月24日14時より小平市役所にて「小平市」と「特定非営利活動法人ぶるーべりー愛犬ふぁみりー協会」との間で「災害時における動物救護に関する協定書」の締結式がとり行われました。私も同会の顧問の立場で立ち会わさせて頂きました。施行日は本年4月1日より。愛犬ふぁみりー協会(佐々木理事長)の方から提案して実に12年の歳月は要したものの画期的な災害協定の締結となったと思います。同協会では災害時の動物ボランティア募集も並行して行っております。どうぞ関心のある方はチラシをご覧ください。ご協力の程、013041002何卒宜しくお願い致します。(写真上:締結書、写真中、動物ボランティア募集チラシ、写真下:本年3月中央公民館での忘れない3.11展)

小平市役所の南側の庭園に設置してある「平櫛田中」先生の像の前に設置してある銘板が古くなっており、全く何が書いてあるのか分からない状態となっていました。昨年の12月、市の総務部に銘板修復の依頼をしておりました。技術者の方が、本年3月23日と24日の2日間かけて銘板の修復を担当していただきました。見事なる復元です。職人魂を感じます。(写真上:修復作業中の現場、写真下:修復後の銘板)007014

平成29年3月24日(金)午前中の小平市立第12小学校の卒業式を終えて、午後市役所に行くと満開の白木蓮の花が迎えてくれました。この木は小平市の名木百選に登録されています。白木蓮は花が開くと風が上品な香りを運び、心を和ませてくれます。まさに春の訪れですね。(写真:市役所の北側の農家に咲く見事な白木蓮の花)005009

平成29年3月24日(金)午前10時~小平市立小平第十二小学校(木田明男校長先生)の第48回卒業式が春の陽光に包まれ盛大に挙行されました。私も来賓の一人として参加させて頂きました。今年度は74名の児童の皆さんが卒業されました。卒業証書授与の時、卒業生の皆さんが名前を呼ばれると、元気よく「はい」と返事をした後、檀上でご両親や家族への感謝の気持ちと将来の自身の夢や決意を発表。どの卒業生も緊張はしていたものの堂々と発表されていました。木田校長先生からの送る言葉は、小平市の名誉市民でもある平櫛田中先生の「いま やらねば いつできる わしが やらねば 誰がやる」の言葉を通して、この気概で生き抜いてもらいたいと励まされました。6年生の担任の先生方からは「健康」「真面目」「努力」の言葉を卒業生に送られました。卒業生と在校生の合唱も実に見事でした。本当に感動的な卒業式となりました。教職員の皆様をはじめ、全ての関係者の皆様の奮闘ありての式典となりました。心から感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真上:正門前、写真下:式典にて001

003

平成29年3月23日(木)待ちに待った小平都市計画道路3・3・3号新五日市街道線(小川町一丁目区間)の開通式が行われました。地域の住民の皆さんにとっても交通開放はとても嬉しい出来事だったと思います。道路開通直前まで続いた整備工事、小川町一丁目区画整理事業内の全ての植栽の手入れも開通式前日まで続きました。今回の工事は平成21年から実に8年の歳月を要して行われました。武蔵野美術大学内の校舎新設、移転、グランドの整備等と体育館の南側に植えてあったけやきの木も1本も切ることなく校舎内に全て移植されたこと。「けやきは小平の木でもあり、何としても残したかった」との武蔵野美術大学の学長のお話は心に響きました。そのけやきも全て剪定され開通式を迎えました。今回開通した区間の215メートルには電柱がありません。無電柱化です。街路灯のみの世界で校舎の西側から見た夜の大学の景色は、幻想的な光の世界となっており設計者の芸術性を感じます。夜一度見に来て下さい。(写真:開通式後の夕刻の3・3・3(み・み・み)線、右手が大学自慢の14号新校舎)086

平成29年3月23日(木)小平都市計画道路3・3・3号新五日市街道線(小川町一丁目区間)の完成に伴い開通式が開催され14時すぎには交通開放されました。私も来賓の一人として参加させていただきました。交通開放により市道である美大通りと小平都市計画道路3・4・23号(大和国立線)までが一直線に接続され小川町一丁目の東西の交通は便利になりました。また午前中には、武蔵野美術大学の学生さんと市立第十二小学校の児童の皆さんのコラボ企画である「こだいら3・3・3バースデーセレモニー」が午前11時より盛大に開催されました。開通までにご尽力いただきました市の職員の方をはじめ全ての関係者の皆様のご努力に感謝申しあげます。ありがとうございました。これからは地域の担当議員として周辺の交通状況を注視し見守って参ります。(写真開通式の式典にて、開通直後のパトカー、セレモニーの案内チラシと第12小学校4年生作成のパレードカー)054074029031022023

 

平成29年3月19日(日)午前9時より「春の市民交通安全教室」(主催:小平市・小平警察署・小平交通安全協会)が新東京自動車学校をお借りして開催されました。4月6日~始まる春の全国交通安全運動が開催されることを前にしての開催となりました。主催者のご挨拶の中で高橋小平警察署長からは以下のようなお話が大要ありました。①最近東大和市と小平市の市境で大型自動二輪車の盗難事件が発生しているので二輪車の保管状態を今一度ご確認ください②道路は生きている。昨日まで安全な道路であっても、毎日変化しているので今日が安全とは限らない。③青信号で横断歩道を渡ることは、本当に安全なのか。青信号でも十分注意を。との大要3点のお話を事例を通して分かりやすく紹介して頂きました。当日は多くのライダーの方々やお子さん連れのご家族での参加も多く賑やかな交通安全教室となりました。運営にご協力頂きました全ての関係者の皆様の労に対して御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。(写真:1300CCの白バイにまたがる筆者)033

平成29年3月17日(金)午前9時30分から春の陽光に包まれ「第45回目となる小平市立小平第五中学校の卒業式」(高山知機校長先生)が晴れやかに挙行されました。私も来賓の一人として参加させて頂きました。今回卒業される生徒さんは昨年に続いて高山校長先生が入学式で式辞を述べられそして卒業式でも式辞を述べられた生徒さんになります。卒業証書の授与に際してもお一人お一人の目を見て「卒業おめでとう。良く頑張ったね」と心で語りかけておられる慈愛に満ちた眼差しがとても印象的でした。校長式辞の中でも入学式でお話された「責任」についてのお話を再びされ、その中で「責任はある日突然負わされるものではなく、年齢を経るごとに与えられる権利に応じて段階的に発生する」とのお話された上でこれからは自分自身がこれからやろうとすることの結果や影響を見通す「心の望遠鏡」と自分の置かれている現状・環境を分析する「心の顕微鏡」を持ってくださいとの励ましのメッセージを贈られました。卒業生の別れのことばと合唱にはお世話になった教職員の先生方をはじめご両親に対する感謝の想いが込められていました。笑顔あり涙ありの卒業式となりました。小平第五中学校は地域の誇りです。立派に育てて頂いた全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:小平第五中学校の正門前にて)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成29年3月16日(木)小平市役所6階大会議室にて「小平市交通安全対策協議会」が開催されました。協議会の中で「今年の春の小平市交通安全運動実施要項」が決定致しました。主な内容は、①実施期間:平成29年4月6日(木)~4月15日(土)までの10日間②運動の基本:子供と高齢者の交通事故防止~事故にあわない、おこさせない~③スローガン:やさしさが 走るこの街 この道路 特にドライバーの皆様、自転車で通勤・通学する皆様! 子供の飛び出し、高齢者に配慮した運転を心がけて安全運転をお願い致します。無事故は運転する人の心の余裕で勝ち取るものです。私自身も4月12日(水)・13日(木)小川町1丁目の小川三叉路の上宿交番前に朝9時から交通安全協会の1支部のメンバーとして朝立ち致します。(昨年の秋の交通安全運動実施時に上宿交番にて筆者)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp