平成29年1月26日(木)11時20分~12時20分の1時間にわたり、スポーツキャスターの大林素子さんが小平市立小平第十二小学校(木田明男校長先生)にて「オリンピアとして小学生に伝えたいこと~マイドリーム~」をテーマに全校児童を対象に授業を担当して頂きました。大林素子さんは小平市の小学校・中学校の卒業生であり現在は「小平市観光まちづくり大使」になって頂いております。私もお話を拝聴し本当に1時間があっという間に過ぎました。吸い込まれる様な1時間でした。児童の輪の中に自ら飛び込み、自己紹介も児童とのやりとりでご自身の年齢あてクイズ形式からはじまり、小学校時代に受けた身長が高いがゆえに男子生徒から浴びせられた心ない言葉を通しての「いじめ」についてのお話、また中学校からバレーを始めた時のエピソード、中学校時代にバレーの選手としてオリンピックに将来出場したいという「夢をもった」お話、そして3度の夏のオリンピックに女子バレー日本代表選手として出場できたお話等を通して、訴えられたことは「①将来こうなりたい、こうしたいという夢を持とう②そしてその夢を紙に書こう③その夢の実現にむかって明日ではなく今日を頑張ろう」の3点でした。全児童の皆さんの心にその言葉はしみ込んだと思います。大林素子さんありがとうございました。主催、運営して頂いた全ての関係者の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:小平市立小平第十二小学校にて)

E030

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp