バックナンバー 2016年 4月

平成28年4月6日(水)10時30分~第48回小平第十二小学校の入学式が桜花舞う中、晴れやかに開催されました。私も来賓の一人として参加させていただきました。今年の新入学児童は96人と全学年で最高の人数となり、クラスも3クラスになりました。幼稚園を先月卒園したばかりの新一年生お一人お一人の瞳が未来に向かって輝いていました。校長式辞の中で木田校長先生から入学のお祝いの言葉があり、新入学児童一人一人の心に語りかける様にとてもやさしい眼差しで3つの種(たね)のお話をされました。以下私のメモと記憶に基づき記載いたします。

・1つ目の種は元気の種。(病気をしない。ケガをしない。交通事故に会わない。朝元気に学校に行ってきますという元気の種)

・2つ目の種はやる気の種。(勉強をする。本を読む。音楽も運動もする。お友達とたくさん遊ぶ。学びはやる気をだして頑張りましょう!)

・3つ目の種は勇気の種。(朝起きたくない、勉強もしたくないという弱虫、わがままな虫が出でくる。そのわがままな虫をやっつけるのが勇気の種です。お友達にやさしく接する。そういう勇気のある子に皆さんは成長していただきたい!)

「そしてこの3つの種で小学校6年生まで大きな花を咲かせて下さい」と励まされ最後にご父兄、来賓、参加者全員に向かって、「子供たちは、家庭でしつけ、学校で育て、地域で成長すると言われています。本日より第12小学校教職員一同が責任を持って児童の皆さんをお預かりいたします。」と声高らかに宣言されました。私も含め、本日の入学式に参加された全ての方々が校長先生のお話を伺いとてもご安心されたと思います。6年間大変にお世話になりますが何卒宜しくお願いいたします。第12小学校を支えて頂いています全ての方々に感謝申し上げます。いつもありがとうございます。OLYMPUS DIGITAL CAMERA(写真:晴れわたる正門)

平成28年4月2日(土)12時~市内喜平町の陸上自衛隊小平駐屯地及び小平学校で開催された「小平駐屯地観桜会」に来賓の1人として参加させていただきました。冒頭挨拶に立たれた菊池哲也陸上自衛隊小平学校長(小平駐屯地司令兼任)のお話がとても印象的でした。以下お話の概要をメモと記憶に基づき記載します。「このたびの観桜会を迎えるにあたり私には4つの悩みがありました。その1つは日程の設定でした。日程は当初2案あり3月26日と4月2日。どちらを選ぶか。当日の桜の満開度合、また天候等を判断し4月2日を選択したこと。2点目は、桜が満開になるかどうか。そして3点目は今度は満開になった桜が散らないかどうか。最後に当日のお天気はと・・・・4つの悩みがありましたが、本日満開の桜のもと心配されていた雨も降らずに迎えることができたことを本当に嬉しく思います」とのご挨拶でした。多くの来賓をお迎えして行う観桜会、主催者としての悩みを率直にご披瀝いただきいたことに、とても人間らしい親しみを感じました。参加された来賓の皆さまとも親交を深めることができとても有意義なそして思いでに残る観桜会となりました。主催者の皆さまに感謝申し上げます。ありがとうございました。(写真:満開の桜とともにOLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成28年3月29日(火)13時~市内9ヶ所で市議会公明党議員団で街頭演説を実施いたしました。現在党青年局で進めている、1000万人の若者の声を国に届ける「VOICE ACTION(ボイス アクション)」運動の取り組みについて紹介させていただきます。〇今日本が抱える政治課題は、どれも若者の未来と直結しています。今年の参議院選挙から、公明党の長年の主張が実り18歳選挙権が導入されることになりました。さらに若者の声にしっかり応えられる社会を築いてまいります。一方で若者のライフスタイルは多様化しており、ニーズをつかむことが難しくなっています。そこで、公明党は昨年秋に全国約7000名に青年政治意識調査を実施。その結果から、今の若者の生活向上に必要な5つの政策案を導き出すことができました。5つの政策案についてご紹介いたします。

①「非正規雇用の待遇改善や最低賃金1000円を推進」する雇用政策です。若者が抱く将来への最大の不安は「収入が不安定」という問題です。景気回復の兆しが見えてきた今こそ、若者の所得の底上げや待遇改善に力を注ぎ、若者が希望を持てる社会をめざします。

②「無料で使える公衆無線LANの充実」を推進する政策です。今や若者だけでなく、国民にとって携帯電話は必需品です。利便性が増す一方で、各家庭の携帯料金は10年間で約2万円以上も増加しています。無線LANの充実で、通信費を抑え、携帯電話をもっと安く、使いやすくします。

③「不妊治療の公費助成、幼児教育の無償化をめざす」政策です。公明党の意識調査で「子どもがほしい」「できればもう1人」と希望するご家庭がたくさんあると分かりました。不妊治療が受けやすい体制や、幼児教育無償化の推進により、安心して出産・子育てができる社会を目指します。

④「婚活、新婚世帯の生活を支援」する政策です。家族を持つことを希望する若者が多いなか、「出会いがない」「お金がない」との理由で、結婚されていない方が大勢おられます。そんな若者の希望を叶える政策を推進し、明るく生き生きと暮らせる社会を目指します。

⑤「月曜午前半休の促進など、働き方・休み方改革を推進」する政策です。平成27年の厚生労働省の調査では、有休の消化率が47.6%と半分にも満たない状況です。有休をうまく利用し、効率よく働いて価値的に休むことのできる社会の実現が求められています。働き方・休み方改革により、若者の生活を守る政策を推進します。以上を5点力強くお訴えいたしました。(写真上:小川西町2丁目都営、写真下:小川1丁目やすらぎ公園OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成28年3月30日(水)に小川西町2丁目にある「小川西第2公園」のスギの木の伐採と剪定が実施されたことを現地にて確認いたしました。同公園の公園清掃ボランティアの方から、「スギの木からとがった枯葉が大量に落ちてきて毎年困っているので剪定して欲しい」との要望を昨年の秋からいただいておりました。担当する市の「水と緑と公園課」に相談したところ、早速現地を確認頂き「同公園周辺には、都が管理するスギの巨木が多くあり。公園内のスギの木についても剪定が必要な状態であることはよくわかりました。予算措置対応が出来次第順次実施いたします」との回答を頂いておりました。このたび平成27年度予算の中で対応していただける運びとなり、3月28日、29日にスギの木2本を伐採、もっとも大きかった1本を残し剪定を実施していただきました。ご依頼をいただきました公園清掃ボランティアの市民の方も大変喜んでおられました。年度内に実施いただきましたことに感謝申し上げます。「水と緑と公園課」の皆さまありがとうございました。OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA(写真上:実施前、下:実施後)

平成28年3月27日(日)の朝9時~わくわくグループの清掃活動(月1回、毎月末の日曜日の朝9時から栄町2丁目野火止緑地周辺を清掃)に参加いたしました。その中で野火止緑地に設置してある「ゴミの不法投棄禁止」を呼びかける注意喚起のプレートが経年劣化状態にあることを確認。一緒に清掃活動に参加していた市民の方から「古くなっているプレートをそのまま放置しておくとかえってゴミを不法投棄をされますよ」とのお声をいただきました。翌28日(月)に市の環境部資源循環課に相談したところ担当する「水と緑と公園課」と連携して対応くださり、栄町北通りに面した古くなったプレートが全て交換されていることを4月3日(日)、現地にて確認致しました。ご対応いただきました市環境部OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAの皆さまありがとうございました。今後は毎月の清掃活動で見守って参ります。(写真上:経年劣化状態のプレート、写真下:交換完了したプレート)

平成28年3月27日(日)市内栄町2丁目24番地の「栗の木公園」の整備が進んでいることを現地で確認しました。3月21日(祝)に、同公園内のフェンスのネジがとれたりフェンスの一部が鉄柱からはずれていることを確認。公園内の危険防止と子供たちが安心して公園で遊べるためにも補修が必要と考え、3月22日(火)市の環境部「水と緑と公園課」に相談したところ即手を打っていただき、3月27日に補修必要箇所の修理が全て終了していることを確認しました。水と緑と公園課の皆さまに感謝申し上げます。(写真上、補修前、下補修後)OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成28年3月27日(日)18時~市内学園西町地域センターにて、「小平市国際交流協会創立25周年交流会(安部泰人理事長)」に参加いたしました。25周年の歴史を3代の理事長からそれぞれお伺うことができ、貴重なひと時となりました。今まで会の運営にご尽力された菊池事務局長が今回交代されることもあり、交代式を兼ねた交流会となりました。菊池局長には様々にお世話になりました。新任の事務局長には、3月31日まで市の健康福祉部生活支援課長をされていた住田課長が就任されまた市の担当部長も滝澤地域振興部長より武藤地域振興部文化スポーツ担当部長に交代されるなどの新体制の発表があり、まさに次の30周年を目指しての船出となりました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え小平市国際交流協会の活動はますます重要になってくると感じた交流会となりました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA(写真:学園西町地域センターにて)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA平成28年3月27日(日)13時30分~小平市中央公民館にて「学び舎江戸東京ユネスコクラブ」主催の報告会に参加しました。テーマは「小平の分水網の現状から考えたこと」。昨年の8月29日から本年3月26日の7ヶ月間、10回に及ぶ小平市内の用水の現状調査(調査員延べ80人)を同ユネスコクラブの方々が自分たちの足で汗をかいて回り、時には代々続く農家の方々にインタビューしながら、また用水の分岐地点も含めて細かく写真に収め、そこから見えてくる現状と課題についての報告会となりました。今回の調査対象の用水路は①小川用水②鈴木用水③大沼田用水④田無用水⑤野中用水⑥新堀用水等でした。私が注目していることは今調査が小平市が平成7年にまとめた「小平市用水路活用計画」を確認した上で行われていること。現地調査で見えてきた課題や要望事項等については、小平市環境部「水と緑と公園課」と連携し取り組もうとされていること。そして同ユネスコクラブの方々の思いが「この玉川上水からなる分水網を故郷小平の歴史的地域遺産にしようと努力されていること。そしてこの遺産を豊かな緑を次世代を担う子供たちに引き継ごうとされていること」であります。私も栄町の野火止め用水を含む周辺緑地の清掃ボランティア活動に参加して10年目となります。今後も議員としてできることを見つけて取り組んで参ります。改めて「学び舎江戸東京ユネスコクラブ」の日常の地道な活動に敬意と感謝を申し上げます。いつもありがとうございます。(写真上:入口案内看板、 写真下:学び舎江戸東京ユネスコクラブ 水と緑・環境委員長の鈴木利博講師OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp