平成28年4月24日(日)19時~ルネこだいらにて「公明フォーラム2016」を市議会公明党(津本裕子幹事長)主催で開催いたしました。当日の大ホールは満員。駆けつけた参議院議員の「長沢ひろあき」議員と「竹谷とし子」議員より渾身の訴えがありました。災害対策の専門家である「長沢ひろあき」参議院議員からは、東日本大震災や今回の熊本地震での公明党の地方議員と国会議員との連携により国より早い情報収集、支援活動の模様や平和安全法制の理解が進んでいる事などの報告がありました。竹谷とし子参議院議員からは、公認会計士として国の財政を徹底してチェックし、ムダを省き必要なところにお金を回す財政の見える可で、これまで700億円もの削減を実現してきたとの報告がありました。さらに現在取り組みを進めている食品ロスをなくす運動について、日本の国の食料自給率は現在約4割そして6割を海外からの輸入に頼っているのが実情であるとした上で、DSC01813DSC01784DSC01826DSC01858その日本が世界全体の食糧援助量の約2倍となる年間642万トンの食品を大量廃棄している現状があると指摘。食品ロスは企業収益や家計に悪影響な上、ゴミを増やして環境にもよくない。食料を無駄なく使う循環型社会を実現したいと訴えました。市議会公明党6人も竹谷とし子、長沢ひろあき両参議院議員と連携を密に、これからも地元小平市の課題解決のため国政とのネットワークを強めて参ります。(写真:ルネこだいら)

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp