バックナンバー 2015年 9月

平成27年9月29日(火)午後、小平市内9ヶ所にて「軽減税率」導入の街頭遊説を実施致しました。以下遊説で主張した内容となります。

公明党は9月25日、2017年4月に消費税率を10%に引き上げる際の負担緩和策として、財務省が示した還付案に反対すると表明致しました。併せて公明党が一貫して訴えている、生活必需品などの消費税率を低く抑える軽減税率の方が効果的だと主張致しました。自民、公明の与党両党は、2014年末に行われた衆院選の連立重点政策に「軽減税率については、関係事業者を含む国民の理解を得た上で、税率10%時に導入します」と明記し選挙戦に勝利致しました。財務省案は国民の求める軽減税率とは程遠い内容であり、到底受け入れられません。財務省案は、全商品に一律10%を課した上で、後から酒類を除く飲食料品を対象に消費税率2%分を還付する。買い物の記録には、政府が実施するマイナンバー(税と社会保障の共通番号)制度を活用し、希望者に配布する個人番号カードを使うというものです。しかし、これでは消費者が購入時に税負担の重さを感じる、いわゆる痛税感が緩和されない。他にも①消費者が事務手続きを行う。②マイナンバー制度が円滑に実施できるか見通せない。③個人番号カードを持ち歩く不便さと紛失の恐れがある。④買い物時にカードを持っていないと記録されない。⑤カードの読み取り端末の費用は誰が負担するのか。など欠陥や疑問が多い。実際各種の世論調査を見ると、財務省案を支持する意見は少ない。国民の多くは、この仕組みに不安や不満を抱えているのは明らかであります。軽減税率にも、難点ないわけではありません。最も危惧されているのが、小規模事業者の事務負担の増加であります。しかし消費税と同じ付加価値税が長年定着している欧州諸国などでは、大きな混乱は見られません。読売新聞社の調査では「商工自営、自由業」の67%は軽減税率を導入すべきと答えており、導入の妨げにはならないと考えます。安部首相と公明党の山口代表は、9月25日の党首会談で、消費税が10%に引き上げられる2017年度の導入を目指すとした、2015年度税制改正大綱に沿って与党間の議論を進めることを確認致しました。今後とも与党の実務者には、国民の気持ちをしっかりと受け止めた議論を望むものであります。(写真:市内小川西町1丁目にて)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

平成27年9月24日(木)午後、小平市庁舎にて「マイナンバー制度の実施についての要望書」を市議会公明党として、小林正則市長に提出致しました。

1.要望項目は以下3項目

①市民の皆さまに対し、本制度導入に関する丁寧な広報を行い、とりわけ個人情報保護に関する説明を徹底すること。

②市民の皆さまの問い合わせなどの疑問点に的確に回答できるよう人員配置を充実させ、本制度のスムーズな導入を期すこと。

③申請者への個人番号カードに付される性別を不記載にするよう国に要請すること。

(写真:市長にIMG_3308要望書を提出した小平市議会公明党6人)

平成27年9月21日(祝)の14時~16時まで西武新宿線小平駅南口にて、東日本豪雨災害の復旧支援の為の街頭募金活動を市議会公明党6人全員で行いました。台風18号等に伴う今回の豪雨災害では、全国で315万人に対して避難勧告が発令され、特に茨城県、栃木県、宮城県では鬼怒川などの河川の決壊により甚大な被害が発生致しました。9月10日(木)には、3県に大雨特別警報が発令され、茨城県では、避難者が5500人超、行方不明者が20人超、死者は8人となりました。お亡くなりになられました皆さまのご冥福を心よりお祈り致しますと共に被災された皆さまの1日も早い復旧をお祈り致します。短時間ではありましたが、市民の皆さまより真心の募金(81,532円)を賜りました。9月24日に全額、日本赤十字に寄託させて頂きましたことを謹んでOLYMPUS DIGITAL CAMERAご報告申し上げます。本当にありがとうございました。

(写真:9月21日、小平駅南口駅頭にて)

平成27年9月18日(金)15時~市中央公民館2階にて、小平市交通安全対策協議会が開催されました。(主催者:小平市都市建設担当交通対策課) 市議会議員が今年度は4名委員(任期4年間)になっており、委員の中で私が最年長者ということもあり、副会長職を拝命致しました。既に始まっておりますが、秋の小平市交通安全運動(期間:9月21日~30日の10日間)に連動した形での協議会の開催となりました。

1、運動の基本・・・・・子どもと高齢者の交通事故防止

2、運動の重点(以下①~④)

①夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗車中の交通事故防止

(特に、反射材用品等の着用の推進及び自転車前照灯の点灯の徹底)

②全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

③飲酒運転の根絶

④二輪車の交通事故防止

3、スローガン

やさしさが 走るこの街(まち) この道路

運動の重点項目が少しでも市民の皆さまに浸透できるよう取り組んでまいります。

 

平成27年9月19日(土)澄み渡った秋空のもと小平第二中学校の陸上競技大会が、「走れ青春!」~勝利の王冠をつかみとれ~のスローガンを高く掲げ元気一杯開催されました。星野校長先生、堀井副校長先生とも懇談の場がもてました。スポーツクラブでは、テニス、バトミントン、バスケット、卓球が強いとのお話を伺いながら、生徒の皆さんの躍動の走りと演技に拍手を送りました。学校の運営を支えて頂いている全ての関係者の皆さまに感謝申し上げます。いつもありがとうございます。

(写真:南校舎の窓に各クラスの決意漲るポスター)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成27年9月12日(日)の13時30分~15時50分まで「小平も分水網(50km)は生きている!小平市の歴史遺産にしよう」とのテーマで、考古学者で小平市学芸員でもある小川望先生の基調講演を拝聴致しました。(主催:学び舎江戸東京ユネスコクラブ)会場となった小平市中央公民館の講座室2も満席状態で皆さん真剣に聴いておられた様子がとても印象的でした。江戸時代の玉川上水の開削に始まり、小川(新田)村の開発と小川分水の開削のお話をお伺いOLYMPUS DIGITAL CAMERA、先人の尊い艱難辛苦の労作業ありての今日の小平の発展かなと改めて強く感じました。(写真:開催寸前の会場の様子)

平成27年9月11日、上宿小学校西側の市道である上宿通りの道路整備工事が完了致しました。本年2月、近隣市民の皆さまより、「上宿通りが経年劣化により、道路と雨水ますの損傷が激しく整備工事をお願したい」とのお声を頂いておりました。早速、市の道路課に工事の相談をさせて頂きました。市道路課より「工事の入札不調がないかぎり平成27年度末までには実施致します」との回答も頂いておりました。近隣市民の皆さまより「雨水ますも含めて道路の整備工事が完了し、本当に気持ちがいい位、OLYMPUS DIGITAL CAMERA道路環境が変わりました。ありがとうございました」との感謝の声を頂きました。市の道路課の皆さまに感謝致します。ありがとうございました。(写真:立川通りから見た道路整備された上宿小通り)

平成27年9月11日、元中宿通りの道路整備工事が完了致しました。工事区間は、小川西町1丁目のさくら公園通りから小川西保育園通りまでの区間となります。当初は平成26年度末までに工事を完了する予定でしたが、工事の入札が不調となり、工期が平成27年度にずれ込みました。我が党にて従来より整備工事要望していた案件でもあり整備工事の完了は嬉しい限りです。東村山市へ通じる通勤・通学路にもなっており道路幅のわりには、交通量が多く道路の経年劣化が進んでおりました。近隣の市民の皆さまからも「雨水ますの工事OLYMPUS DIGITAL CAMERAも含めて道路が整備工事され、前のガタガタ道から本当に気持ちよく走れるようになりました。後は車の減速対策をお願いします。」との声を頂きました。市の道路課の皆さまに感謝致します。ありがとうございました。(写真:こぶし通りから南側の元中宿通り)

本年6月中旬、小川町1丁目502番地在住の市民の皆さまから、「自宅前の市道(小川町1丁目502番地、都立小平西高校西側)が、雨の日に道路の水はけがよくなく、道路が冠水した状態となるので何とか改善して欲しい」との要望を頂いておりました。早速市の道路課に相談。現場を担当職員の方に確認して頂きましたところ、現場が玉川上水に近くでもあり希少動物にも配慮して工事は9月以降となり、9月10、11日で雨水ますの新設工事が完了致しました。市民の皆さまより「工事が完了して、雨の日もこれで冠水の心配がなくなり安心致しました。」とのお声を頂きました。市、道路課の皆さまに感謝致します。ありがとうございました。(写真:新設の雨水ます)OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平成27年9月12日(土)夕刻、党本部にて東京都本部の議員総会が開催されました。来夏に予定されている参院選に挑む公明党公認の予定候補者お二人(東京選挙区 竹谷とし子 埼玉選挙区 西田まこと いずれも現職参議院議員)より力強い決意抱負がありました。竹谷とし子議員より公認会計士としての実績を活かしての実績アピールが以下の内容でありました。「国の不必要な借金を大幅に減らし700億円以上削減できたこと。これは国が10兆円以上の国債整理基金を借金して保有。年間1000億以上の利息を支払いしていた。竹谷とし子さんがその問題を予算委員会で取り上げた結果、基金は3兆円に減額され年間の借入利息は700億円以上の削減が実現できたこと。」いよいよ来夏の政治決戦である参院選の大勝利目指し、自身の担当地域での公明党に対する信頼と理解の輪が拡大できる様、日常の議員活動に地道に取組んで参ります。(写真:党本部にて決意表明する竹谷とし子参議院議員OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp