小平市議会基本条例には「議会は、議員の政策立案能力を向上させ、政策提案の拡充を図るため、市民との意見交換の場を設けるものとする。」(第5条第4項)と定めています。また「議会は、市政の諸課題に柔軟に対処するため、市政全般にわたって、議員及び市民が自由に情報及び意見を交換する議会報告会を毎年2回以上、行うものとする。」(第6条)と定めています。これらの条例に従い、広聴広報委員会で企画を行い、議会報告会(市民と議会の意見交換会)を7月11日(土)の昼と夜の部に分かれて開催されました。私は夜の花小金井南公民館を担当致しました。会場はほぼ満席で好評のうちに終了することができました。内容としては、担当した議員の代表より、6月市議会定例会で審議された市長提出議案、議員提出議案、請願について報告した後、質疑応答を行い続いて市政一般と地域課題についての質疑が行われました。私自身、初めての議会報告会でどんな質問がでるのかとても緊張して臨みましたが両会場とも市民の皆さまの関心は市政全般よりもやはり地域に密着した課題(通学路の安全対策、公共交通、マンション建設、空き家対策等)が中心であったことがとても印象的でした。(写真は開催直前のOLYMPUS DIGITAL CAMERA会場にて)

 

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小平市 佐藤 徹
t-satoh3381@jcom.home.ne.jp