Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
小平市 浅倉成樹
nyantan28-28@flute.ocn.ne.jp

 冬晴れの朝、小平市消防団の出初式が小平駅前ロータリーで盛大に催されました。
 筋野副団長の凛とした号令のもと、147名の団員の皆さんが第一分団から第九分団まで、各分団ごとに整列。きびきびとして実に頼もしい雄姿を見せていただきました。
 出初式終了後、ルネこだいらで懇親会を行った後、鈴木団長、小林市長、武藤理事と一緒に各分団をまわり、団員の皆さんの激励をしてきました。

出初式1

以下、来賓(市議会議長)としての私の挨拶です。
   

挨 拶
 147名の団員の皆様、そしてご来場の市民の皆様、改めまして、新年あけましておめでとうございます。
 ただ今紹介いただきました、小平市議会議長の浅倉成樹です。市議会議員27名を代表して、一言、お祝いを申し上げます。
 本日は、雲一つない素晴らしい晴天の下、小平市消防団の出初式が、かくも盛大に開催されましたことを心からお慶び申し上げます。
 昨年一年間、鈴木洋一消防団長の下、各分団の皆様には、昼夜にわたり火災や災害などから市民の生命と財産を守るため、献身的にご尽力いただきました。この場をお借りして、厚く御礼申し上げます。
 また、団員の皆様を陰で支えていらっしゃるご家族のご協力に対しましても、心から敬意を表しますとともに、改めて感謝を申し上げます。
 さて、本日は、大変力のこもった数々の演技を拝見させていただきました。団員の皆さんのビシッとした規律ある演技は、実に頼もしく、大変感動しました。本当にありがとうございます。
 また、東京消防庁音楽隊の演奏とカラーガーズ隊の演技もすばらしく、ありがとうございました。そして、消防少年団の皆さんも見事な規律演技、ありがとうございました。
 小平消防団は小平消防署と連携し、常に危険と隣り合わせでありながら、その力強い使命感と精神力をもって消防の使命を遂行され、ご活躍をいただいております。今後とも訓練に励まれ、18万市民の安全と安心を守っていただきますよう、お願いいたします。
 先ほど、機械点検の折に団長から紹介いただきましたが、第7号車は、今年度に新たに購入した最新式のポンプ車です。このポンプ車を購入する予算が市議会に提案されましたとき、私たち市議会は全会一致でその予算に賛成いたしました。その結果、本日市民の皆様の前に披露されているわけです。
 このように、市議会としましても、団員の皆さんが活躍しやすい環境づくりを支援してまいりますし、皆さんの活躍をじっくりと見守ってまいりたいと思います。
 結びに、東京消防庁、小平消防署をはじめ、多くの関係機関、諸団体との連携の下、大勢の市民の参加を得て、出初式が盛大に挙行されましたことに、御礼を申し上げます。
 平成27年が、皆様にとって希望あふれる年でありますよう、祈念いたしまして、私の挨拶といたします。
 本日は誠におめでとうございます。

 

小平市の成人式に参加。
ルネこだいら大ホールが、新成人で満席に。
第2部も含め、素晴らしい成人式でした。
私は、議会を代表してお祝いの挨拶をしました。IMG_3579

 

 祝 辞

 輝かしい平成27年の新春とともに、本日ここに成人の日を迎えられた皆様、ご成人、おめでとうございます。
 また、この日を迎えられるまで、物心両面にわたり、慈しみ育ててこられましたご両親はじめ、ご家族の皆様にも、心からお祝いを申し上げますとともに、新成人に対し、長年にわたりご指導、ご支援をくださいました教育関係者の皆様、地域の皆様に対しましても、改めて敬意と感謝の意を表します。
 さて、今年は、小平市では、2348人の方が成人の仲間入りをされました。
 皆さんにとって、今年はまさに人生の大きな節目の年であります。法律的にも、社会の一員として貴重な権利を与えられました。このことは同時に、一人の成人として、社会に対する義務を負うことになりますし、責任ある行動が期待されることになります。
 どうか、この節目を大いに意義あるものとしていただきたいと思います。
 現在の日本社会を見ますと、国際化、少子高齢化が急速に進展する大きな流れの中にあります。とりわけ、最近は、若者の雇用、生活不安が押し寄せております。
 しかし、私が皆さんにお願いしたいのは、厳しい社会情勢に中にあっても、自分の夢に向かって、突き進んでいってほしいということです。
 社会がどのように変化しようと、時流に流されず、自分の人生は自分で切り開き、自分の信じる道、その可能性に向かって、果敢に挑戦し続けていただきたい。そのことにより、道は大きく開かれていくと信じます。
 そしてまた、私たちのふるさと小平に誇りと愛着を持ち、小平のまちづくりにも積極的に参加していただきたい。そして、新しい時代の小平市を皆さんの手で築いていっていただきたいと思います。
 この四月には、小平市でも市議会議員選挙がございます。成人となって初めての選挙になる方もおいでになると思いますが、皆さん自身が具体的に政治に参加し、よりよい小平市を創り上げていくための、絶好の機会となります。ぜひとも投票に行かれますよう、お願いいたします。
 あとになりましたが、本日の成人式のために一生懸命準備をしてこられた実行委員の方や関係者の皆さん、素晴らしい式典をつくりあげていただき、ありがとうございました。多忙な中で大変だったことと思いますが、この経験は、皆さんの今後の人生において大きな財産となると信じます。
 結びに、今から140年前の、かの有名な札幌農学校のクラーク博士が別れ際に学生に贈った「ボーイズ ビー アンビシャス!(少年よ、大志を抱け、野心的であれ!)」との言葉を、前途ある皆さんにお送りします。
 Ladies and gentlemen, please be always ambitious in your future life!
 新成人の皆さんの、今後の活躍に期待します!
 本日は、誠におめでとうございます。

◆4月1日から、あかしあ通りにバスが走り始めました。そのバス会社は、銀河鉄道バスといいます。

◆土日祝日を除く毎日18本運行。

◆小平駅南口からあかしあ通りを南下して、文化女子大、中央大学付属高校前をへてサレジオ通りから再びあかしあどおりを北上します。

●あかしあ通りから西武バスが路線変更したため、バスが走らなくなって4年。沿道の市民は大変 ショックを受けました。採算重視のルート変更でした。なんとかバスの復活を願う私たちは「あかしあ通りにバスを走らせる会」を立ち上げ、小平団地まで来て いる京王バスに小平駅南口までの延伸を要請するも、やはり採算が合わないとの理由で断られました。

●私は、氏議会で、市のコミバスの「にじバス」のルートをあかしあ通りに変更するか、小平団地や上水南町まで延伸せよと何度も迫りましたが、市はまったくやる気なし。

●困り果てていたところ、銀河鉄道さんがオーケーしてくれました!本当によかったです。沿道の皆さん、大喜びです。私も選挙の公約がやっと果たせて感激です!

●4月5日には「走らせる会」の代表と本社の社長さんに会い、運行の御礼と地域の要望を伝えてきました。(写真は、山本社長に要望書を手渡す渡辺代表、印宮さん、松本洋平氏、斉藤一夫市議、そして私です)

●社長さんいわく、営業採算はぜんぜん合いませんが、他の営業でカバーします、とのこと。これって、ボランティアですよね。感謝します。いつまでも走らせていただけるよう、精一杯応援したいと思います。

●要望は、①上水南町でのバス停留所の増設、②市役所や新小平駅へのルート開設、③国分寺駅北口への延伸、の3点です。それぞれ地域の強い要望ですが、バス会社としては、相当難しい課題があるとのことでした。でも、あきらめずに頑張ります。

去る8月18日付けで、「出資の受け入れ、預かり金等の取り締まりに関する法律

及び貸金業の規制等に関する法律の改正を求める意見書の提出について」の陳

情が、東京弁護士会(外2団体)から小平市議会に出されました。私は、近年問

題になっている多重債務の問題に強い関心を持っていたため、すぐにこの陳情を

議会で審議できるよう、紹介議員となって請願に切り替えました。9月27日の本

会議で生活文教委員会に付託され、11月8日に審議されます。ここで採択されれ

ば、11月28日の本会議で議決されることになります。