3月19日(水) 

高知市場管理棟にて

東日本大震災の発生から早、3年経過。

3.11の教訓を風化させてはいけない。と投稿させて頂いているところです。

今一度、地域防災意識のさらなる向上を図るため、高知市防災対策部 地域防災推進課の職員を招き19時から高知市場管理棟     大会議室において「地域防災学習会」を開催しました。

本日は、津波被害が想定されている地域から約50人程の皆様が参加しました。

防災対策部による約1時間の講演では、阪神淡路大震災・東日本大震災の教訓を通した日常の備え等、大変にためになるお話を頂きました。

質疑応答では参加者より活発な質問・意見・要望があり、充実した学習会となりました。

防災対策部の職員・参加者の皆様に大変に感謝をいたします。

ある参加者から・・・「忘れかけていた防災意識を見直すきっかけとなった」「もう一度、自主防災組織での活動をしてゆきたい」との声を頂きました

いよいよ、地震・津波対策の総仕上げに向けた事業が本格化しゆく高知市。

さらなる地域防災意識の向上に向け、取り組んで参ります。

 

 

 

 

コメントは受付けていません。