12月19日(水)

今回の衆院選で公明党は、大躍進を果たしました。公明党は、国民の期待を乗せて日本再建を目指し、勢い良く離陸しました。飛び立った行方には、景気・経済の回復大震災からの復興防災・減災対策など幾多の困難を飛び抜き、浮上をさせて行かなければなりません。今後、様々な乱気流に見舞われることが想定されますが公明党の基本姿勢を保ちながら、乗客(国民)の皆様に安心して頂けるよう、きめ細かな心配りと十分な説明を果たしながら安定飛行の操縦に努めなければなりません。これまで以上に、両翼のジェットエンジンをフル回転させ、不時着することがないよう、どこまでも公明党らしく飛び立って参ります。

ちなみに本日、12月19日は「日本初飛行の日」です。

1910年(明治43年)12月19日、日本最初の飛行訓練が開始されました。場所は、東京の代々木錬兵場(代々木公園)で初成功。パイロットは、徳川好敏 工兵大尉でした。飛行時間は、約4分 高度は、約70メートル 飛行距離は、約3千メートルの記録を残しました。わずかな記録でしたが、この日をきっかけに、現代まで高度な飛行技術へと発展しており、さらなる躍進が期待されております。

コメントは受付けていません。