5月28日付 中日新聞 尾張版。西尾張の各議会の公開度が掲載されました。           またしてもワースト3に…         確かに、議会報告会は開いていないし、本会議の映像も公開していません。傍聴者も多くないし…

 これは本腰をあげて議会改革に取り組まないと、市民の皆さんが恥ずかしい思いをされてしまう。

                                                       これまでも 何度も提案し、真剣に訴え続けてきましたが、結果が出ていないのは言い訳のしようがありません。

ただただ、力不足です。岩倉市の議会事務局長の言葉が印象的です。      「一番 重要なのは議会での議論の内容」

その通りです。何のための議会?議員の仕事って何?議会の説明責任って?

 今年、正念場だと思っています。4年間の任期は決して長くはありません。心して取りかからないと、あっという間に終わってしまいます。

 市民の皆さんといろいろお話する中で、最近 感じたことがあります。     「とにかく 市民のために、市民が喜ぶ仕事してください。」

議会人として、それだけを考えてきたつもりでした。そしてほかの議員各位も同じはず。行政も同じ。その志で仕事をしてきたつもりでした。            でも、全く 伝わっていなかったのです。改めて、この仕事の難しさを感じました。まずはメッセージを発信しないと。それが欠けているからこういう言葉を頂いてしまうのでしょう。 

いつのまにか市民目線からかい離しているとしたら…それはとても怖いことですね。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
清須市 林真子