本日は 地元春日地区の側溝清掃日。と言ってもみなさん、2〜3日前から泥やゴミをかきだして乾燥させていて、今日はそれを土嚢袋へ詰めているのです。

市内でも地区によって、この清掃、管理の仕方に違いがあるようです。ほとんどの側溝に蓋がかかっているところもあり、それも重い蓋となると、持ち上げるのも大変な作業です。それようの道具もありますが、数に限りもあり、みなさん、二の足を踏んでしまうのももっともなところでしょう。

側溝を綺麗にしておくことは、大雨の際、内水の氾濫を防ぐ上でとても大切なことです。私はある程度、行政が関わってきちんと進めていくべきであると思っています。

しかし、この経費も市内全域となるとバカになりません。

例えば業者さんの力を借りながら地域で取り組む、ある程度の補助金を地域に出す、水防訓練の一環として多くの住民や企業も巻き込んで行って行く、などやり方を考えて行かないと、この超高齢社会の中、協力したくてもできない方、世帯が増えてきています。

 住民と行政が一緒にまちづくりを考えて行く時代になってきています。色々な意見、知恵をお借りしながら、今後持続可能なやり方を模索して行く必要に迫られていることを強く感じる今日この頃です。

それにしても、我が家の二人の男子(82歳➕57歳) 頑張ってくれました。ご苦労様でした〜

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
清須市 林真子