今日は今回の一般質問のテーマでも取り上げる、雨水による内水氾濫対策について担当にお話をお聞きしました。

このブログでも以前書きましたが、多くの方から道路の冠水被害についてのご相談を頂いていて、一度きちんと対策について見解を聞きたいと思っていたからです。
水は当然高いところから低いところへ流れるのですが、冠水する原因はその場所場所で違います。その解決策を模索しながら、市全体の排水対策を考えて行きたいと思っています。

    現在 西枇杷島地区ではポンプ場の整備、公園に雨水貯留場所の整備、今後は新川地区、春日地区、清洲地区でも対策が進められて行く予定です。

   それと同時に、住民である私たちも、自分でできる対策を講じて行かなくてはなりません。
それは例えば、それぞれの家で雨水を貯めて再利用する、家の周りの側溝を清掃する、応急対策として土嚢を調達できるような体制にしていく、
以上のようなことを市が啓発し、協力しながら進めて行かなければならないと考えています。

    防災は自助、共助、公助の組み合わせ、コラボレーション。
その意識改革と着実なハード事業の推進を求めて行きたいと思います

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
清須市 林真子