menu

1・「介護保険の受領委任払い」H23年4月から採用決定。

 H22年6月定例会で一般質問、採用を訴えていました。

 

2・「子宮頸がん検診無料クーポン事業の継続とワクチン接種費用公費助成

 H23年度継続助成決定。H22年6月定例会で一般質問、採用を訴えていました。

 

3・「県道交差点に右折用の信号新設」中綱交差点にH23年10月に設置されました。

 地元の方々からの要望を党所属県議会議員へ働きかけ実現しました。

 

4・「災害時の福祉避難所開設」の協定がH23年12月27日に締結。

 災害時要援護者支援プランにもとづき行われたもの。

 H23年6月定例会と9月定例会で一般質問、早期の設置を訴えていました。

 

5・「事業評価等促進事業」H24年度からH27年度までにシステムを完成させる予定。

 H23年3月定例会と12月定例会で行政評価に外部評価を導入するよう提案しました。

  

6・「QRコードの活用」で携帯電話に登録する災害情報のメール配信事業がH24年5月

 から始まりました。H23年6月定例会でシステム設計の配慮を訴えていました。

 

7・「被災者支援システムH25年3月から運用が開始されました。

 H23年度の総務財政常任委員会審議で度々導入を訴えていました。

 

8・いとく鷹巣ショッピングセンター内に「期日前投票所の設置」H24年3月から。

   H25年6月定例会で投票率の向上を図るべく、早期の設置を要望しました。

 

9・「北秋田市空き家等の適正管理に関する条例」H26年4月から施行。

   H24年3月定例会で増え続けている空き家の適正な管理を条例の制定を訴えました。

 

10・「北秋田市防災会議委員H26年11月に29名の委員の内、女性4名を委員に委嘱。

   H24年3月定例会で防災会議委員に女性を登用し、女性の視点からの防災計画の見直し

   を訴えました。

 

11・「きたあきたふるさと寄付金(納税)」で専用ポータルサイトの「ふるさとチョイ

 ス」との連携がH27年4月から実現。寄付金額に応じて市内特産品を選択出来るようにな

 りました。H26年3月定例会9月定例会で、市内特産品を活用したPR活動が出来な

 か提案しました。 

 

12・「認知症早期発見スクリー二ングシステム」がH28年6月に導入されました。

 市のHPで認知症簡易チェックができますので、認知症の早期発見期待できます。

 H23年9定例会で、「高齢者への聴覚チェックで認知症予防を充実させることについて」

 という内容で質問をしておりました。

  

13・「防災ラジオ」が導入されます。災害時の情報伝達手段として効果が期待されると

 ころであります。今後の予定では、H29年度で予算を確保しH30年度の出水前には配

 布するとのことです。H24年9定例会で、「防災行政無線に地域コミュティー無線放送

 システムを導入し、その接続利用によって防災ラジオによる情報発信ができないか」と

 いう趣旨の質問をしておりました。 

 

14・「コンビ二収納対応システム等改修事業が導入されます。市へ収める全ての

納付金が対象となります。H24年6月定例会で導入を訴えておりました。                                                        

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp