menu
バックナンバー 2012年 9月

次男が通う大館工業高校で全校生徒による強歩大会が行われました。3年生なので今回が最後になります。クラスメートと楽しんで走っていました。私たちは各関門所及び観察所での運営役員で参加しました。台風が近づいているので天気もかなり心配されましたが、無事終わってホットしました。

26日と27日の両日は公明党北秋田支部で9月定例議会の概要報告を行いました。合わせて24年度の党員登録も行いまして、昨年以上のご登録をいただきました。党員の皆様、大変ありがとうございます!調子に乗りすぎて私の持ち時間を大幅に超えてしまい、質疑の予定時間が少なくなってしまいまして大変申し訳なく思います。

次回は12月定例議会の終了後です。多くの党員の皆様のご参加をお待ちしております!

北秋田支部会

鷹巣会場にて

 

森吉会場にて

23日に秋田市で行われました。前日の22日に行われた「第9回公明党全国大会」に参加された代表の方々から参加報告を聞きながら、今後の党の方針など次期衆院選へ向けての協議が行われました。

県本部議員総会

昨日、秋田市のにぎわい交流館で行われました。来賓として、佐竹秋田県知事、穂積秋田市長にご臨席を賜りました。党本部より井上幹事長、横山参議院議員が出席され挨拶、講演をされました。井上幹事長の講演内容は、本日の秋田魁新報の3面に掲載されております。

今後は11月に想定されるであろう解散・総選挙へ向けて、更なる万全の備えが必要です。皆様のご支援・ご支持をよろしくお願い致します。

井上幹事長

 

横山参議院議員

本日は、公明党の前身である公明政治連盟の第1回全国大会が開かれ、党創立者である創価学会の池田大作・第3代会長(当時)が立党精神の淵源となる講演をされた日であります。『「大衆とともに語り、大衆とともに戦い、大衆のなかに死んでいく」政治家はどこまでも大衆とともにあれとの叫びは、今も私たちの心に新鮮に響き、公明党議員に受け継がれゆく不変の精神であります』山口代表談:公明新聞より抜粋

我々公明党議員が常に忘れてはならない不変の原点の日です。次に予想される大きな戦いに備え、大勝利を強く確信し更なる前進をして参ります!

9月10日より9月の定例議会が始まりました。一般質問は、12日の三番目の登壇でした。以下にアクセスして要旨をご覧下さい。

http://www.city.kitaakita.akita.jp/news/2012/09/0912/09gikai/touben-1.htm

9日は生まれ故郷の、七座地区の敬老式に行ってきました。今年は、昨年より少し参加者が少なかったのですが、皆さん大変お元気で楽しいひと時を過ごさせて頂きました。

8日の土曜日に、旧中央病院跡地で開催された縄文まつりに行ってきました。当日も厳しい残暑で開会式の9:30頃には日差しも強くスタッフの方々も汗だくで頑張っておられました。昨年までは、伊勢堂岱遺跡内での開催でしたが、今年は環境整備中ということで中心市街地活性化の起爆剤として、ここでの開催となったようです。

開会式

市長挨拶

縄文音楽祭

展示パネル

展示パネル

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp