menu

今回は8月28日から2泊3日で広島県の呉市と大竹市へ調査に行って来ました。

呉市ではシティセールス推進事業について、大竹市では行政評価について、を研修させて頂きました。呉市では戦艦大和の10分の1スケールを展示している「大和ミュージアム」も視察しました。大和は呉市で製造された戦艦です。それを町興しに活用したようです。また「鉄のクジラ館」という実際の潜水艦を海底から引き揚げて、展示に活用している建物も隣接しておりました。市民から寄せられた様々な情報を今後は冊子にまとめ、さらに呉市を売り込むのだそうです。特に驚いたのは「フェイスブック」を活用したら爆発的に寄せらる情報が増えたそうです。注目です!!

大竹市はH16年度から市民アンケートを毎年実施していて、それは外部コンサルへの委託ではなく、全て職員が作成しているとのことで大変驚きました。当市でも今年度から「行政評価制度」が導入されます。市民ニーズが反映されることを強く望みます!!

呉市での調査

大竹市での調査

戦艦大和(10分の1)

 

原爆ドーム前

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp