menu

9/26の15:30から行われました。たまたま交通安全の街頭指導中に町内会の会長と話をしている中で会合の存在を知りお願いして傍聴に行きました。

鷹巣中央自治会は14の自治会で構成されており、今回の会議には行政協力委員も含め23名の参加でした。行政側から市長と総務部長の出席で、事前に7項目の要望・質問を設定し意見交換会の形式で進められました。約二時間にわたり大変白熱した議論が交わされました。特に、「災害時の要援護者避難支援制度施行に伴う具体的行動については」は10名以上の方々がさまざまなご意見を述べておられました。どの自治会も役員を含め高齢化が進行している現状と、地域コミュニティがご心配のようです。私の近所でも同様だな・・・と感じてきました。このような会議は今回が初めての開催のようでした。

さて、会長からわれわれ議員とも会合を持ちたいと提案がありました。

会議冒頭の市長の挨拶

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp