menu

角館交流センターにて

昨日、内陸縦貫鉄道を利用し友好会派「きらり」・「みどりの風」の方々と仙北市へ『議会基本条例』の研修に行って参りました。

仙北市では昨年の5月から条例が施行されておりますが

①議員相互間の自由討議の推進

②市民との意見交換会や議会報告会

これらは今のところ議会全体としては行われていないとのことでした。②は特に難しい点だと我々も考えていましたが、いずれ9名で構成されている議会改革推進協議会で検証し今後の活動に反映させていくということで説明を受けました。

今回、大変驚いたのは仙北市議の方々の多くが強く「開かれた仙北市議会」を望み、その熱意がそのまま基本条例制定へ結びついたとのことでした。北秋田市もさらに開かれた議会にして行かなければなりません!!

内陸線の車内

車内から見る景観

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp