menu
バックナンバー 2011年 7月

7/30(土)は岩手県議選の応援のため、盛岡市へ行ってきました。県代表を務める予定候補の方は8年前からドクターヘリの導入を訴え、さらにこのたびの震災で遺族に支払われる災害弔慰金を「兄弟姉妹」への拡充を強く国に働きかけ採用になったそうであります。

特にドクターヘリに関しては、3/12に岩手県へドクターヘリが7機集結し、防災ヘリと協力して1日で49名を救出することができたそうであります。秋田県でも今年の10月から運行テストが開始されますので、その効果をおおいに期待したいと思います!

「通院時の高額医療費について、入院と同様の『限度額適用認定証』などの発行で医療費の軽減を図れないものか?特殊な治療のため医療費が高額で還付制度を利用したとしても生活が厳しく、また無利子の貸付の借入も考えてるが、万が一返済できなければと考えると使えない。寄って治療を制限せざるをえない現状です」今月、市民からこのような相談が寄せられました。迷わず横山信一参議院議員へ相談したところ、本日以下のご回答をいただきました。
 
通院時高額療養費については、来年4月から通院治療についても窓口で高額医療費を支払わなくてもよくなりますので、入院時と同様の扱いになります
 
特にがん治療などの患者さんにはもの凄い朗報ですね!!

昨年から能代市の花火大会に参加しています。妻の姉が在住していて招待をされたためです。とにかく凄い人です。花火は15,000発打ち上げられるそうです。

妻の姉家族+妻

 

 (株)セキト様ご提供の花火のワンシーンです。姉の家とご近所だそうです!

㈱セキト様ご提供花火№1

㈱セキト様ご提供花火№2

角館交流センターにて

昨日、内陸縦貫鉄道を利用し友好会派「きらり」・「みどりの風」の方々と仙北市へ『議会基本条例』の研修に行って参りました。

仙北市では昨年の5月から条例が施行されておりますが

①議員相互間の自由討議の推進

②市民との意見交換会や議会報告会

これらは今のところ議会全体としては行われていないとのことでした。②は特に難しい点だと我々も考えていましたが、いずれ9名で構成されている議会改革推進協議会で検証し今後の活動に反映させていくということで説明を受けました。

今回、大変驚いたのは仙北市議の方々の多くが強く「開かれた仙北市議会」を望み、その熱意がそのまま基本条例制定へ結びついたとのことでした。北秋田市もさらに開かれた議会にして行かなければなりません!!

内陸線の車内

車内から見る景観

8/1発行の「市議会だより」の編集会議が昨日行われ、6月議会の内容を詳しく載せるべく最終の協議がなされました。今回号からさらに読みやすいように随所に工夫がされております。今月末~8月初めに各家庭へ配付されますので是非ご覧下さい!

完成後に可能であればこのブログで紹介したいと思います

北秋田市では7/1より東京都板橋区の「アンテナショップ」に参加していましたが、15日に契約を締結しました。現地では15日から3日間の日程で参加記念イベントが行われます。津谷市長も自らパンフレットを配付して観光・物産PRに努められたようです。

都内在住の方、出張などで東京へ行かれる方で、お時間がありましたら是非お立ち寄り下さい!!以下、参考URLです

http://www.city.kitaakita.akita.jp/news/2011/07/0715/toretaremura/toretaremura.htm

近隣の藤里町議会と住民との意見交換会がこのほど行われたとの報道がありました。これは議会改革の一環として取り組まれているものであり、県内の市町村議会としてはかなり進んでいるほうだと思います。意見もあれば文句・苦情やらさまざまなことが住民からは出てくると思いますが、それに真摯に耳をかたむけていくことがとても重要だと思います。北秋田市においても今後「議会基本条例」制定に向けて活動していく中で、この意見交換会・議会報告会のあり方がかなり議論の的になるものと予想されますが・・・

私の結論は、「議会の活動を理解していただくにはやるしかないのだ!」です

あじさいの写真を添付するのを忘れました。ご覧下さい!

昨日は、午前に広報公聴特別委員会の編集会議、午後は秋田市で勉強会、その帰りに合川・三木田の翠雲公園によって見ました。17日には「あじさいまつり」が行われます。詳細は下記の北秋田市HPへアクセスしてご確認下さい

http://www.city.kitaakita.akita.jp/news/2011/07/0712/ajisai/shoukai.htm

昨日、五城目・潟上・男鹿・能代にて行いました。私は朝から健康診断のため男鹿から合流しました。演説では各々の議員が公明党の政策・菅政権の震災対応について・原発問題・電力政策などをお訴えしました。非常に暑い天気で男鹿の「鵜の崎海岸」では多数の家族連れが海に入って楽しんでおりました。県外ナンバーの車も多く見うけられました(カメラが不良で写真添付できず・・・)

夜は鷹巣で花火大会があり私は自宅で観賞してましたが、息子達は友人と遅くまで楽しんでいたようです!

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp