menu

こんばんは!本日の秋田魁新聞に秋田県が高齢者の自殺予防対策の一環として県内全市町村に70万円を上限に活動費を補助する、という記事が掲載されました。県警統計によると昨年の県内の自殺者は368人で09年と比較すると70人減少、97年依頼の300人台ににとどまったとあります。しかしながら65歳以上の高齢者は159人と全体の43.2%を占め70代を中心とした世代への対策強化が求められているそうです。具体的な取組み内容は各市町村が決定することになりますが、高齢者が生きがいを持てるような知恵と工夫が求められます。

さて、参考までに昨年9月定例議会で私が質問した内容を抜粋してご紹介致します。

北秋田市における「うつ病」と様々な問題についての関連性とその実態は?
「当市でもうつは年齢に関係なく増加しており、この問題に悩んでいる方や家族は多くいます。 また、自殺者の原因別では、例年病苦が多く、次に生活経済苦を原因とするものが多く、関連性は大きくある。これまでも、自殺予防対策に取り組んできましたが、より一層の市民の心の健康づくりを実現するために、相談体制の充実・職場の環境づくり・啓発活動を各関係機関と連携しながら進めます」

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp