menu

25日午後2時過ぎから神戸市の「人と防災未来センター」に行きました。写真撮影が禁じられてますので、文章だけでお伝えします。 1995年1月17日忘れてはならない、あの阪神・淡路大震災が起こった日です。早いもので15年が過ぎました。神戸市はまるで何事も無かったかのように人と車が溢れ、そしてたいそうな賑わい振りでした。「人と防災未来センター」は音と映像そして震災の被害者が、「語り部」として当時の状況を生々しく再現する施設です。私達が順路待ちをしていると具合が悪くなったと、ご婦人の来館者が休んでいました。私も今だかつて経験した事のない衝撃的な内容ばかりでした。「備えあれば憂いなし」災害は防災と減災によって被害を最小限に食い止める事ができる!これをあらためて学びました。

翌日帰路に着きおかげさまで26日に無事「大館能代空港」へ到着しました!

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp