menu

公明党は明日17日で46回目の結党記念日を迎えます。現在、党本部としては来春の統一地方選へ向け公認候補発表など陣列を整えつつあります。地方から政治を変える!その歴史を統一選大勝利でさらに輝かせていきたいと思います。

公明党の前身である「公明政治連盟」が結成されたのは昭和36年でした。当時の政治状況は昭和25年秋に相次いで結成された日本社会党(現社民党)と自民党によるいわゆる「55年体制」が固まり、国会では不毛な論争が繰り返され国民生活は完全に置き去りにされていた時代でした。こうした状況を打開するため地方議会を舞台に大衆福祉実現の闘いが開始されたのであります。これが地方から政治を変えた公明党の原点でありました。来年は「公明政治連盟」結成から50年目の節目でもあります。地方から国へ!地方議員と国会議員の連携により、今の混迷する政治状況を転換していかなければなりません。住民の声に真摯に耳を傾け、住民本位の解決へ努力する中で、公明党に対する理解を広げていきたいと思います。

コメント投稿

Twitter
外部リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
たけだ 浩人
h.takeda@otoku.gmobb.jp