【子育て支援の充実】
幼児2人同乗用自転車貸出事業について
 幼児2人同乗基準適合車(電動アシスト付・30台)の貸出で
利用料は無料(H23.6~)
 点検整備や付帯保険に係る費用年間1,000円が必要
 30台追加(H24年度)
 30台追加(H25年度)

◆乳幼児医療費助成制度の拡充
 0歳~2歳は入院外来とも負担なし(H22.7.1~)
 3歳~小6まで入院費の負担なし
 3歳~小3まで外来は800円を2回まで負担
 3回目以降は無料、ただし所得制限あり

◆出産育児一時金の増額
 公明党の推進により、35万円から39万円に引き上げ(H21.10.1~)
 (産科医療費保障制度加入機関での出産は42万円になります)

◆平成21年度版、子育て応援特別手当の支給が決定
 3歳から5歳までのお子様に、年額3万6千円の子育て応援特別手当が支給
 ※平成21年度の補正予算で公明党が獲得した施策の一つです。

◆子育て家庭訪問事業の導入
 「こんにちは赤ちゃん事業」として生後4ヶ月までの乳児のいるご家庭を保健師などが訪問して、育児相談や子育て情報の積極的な提供を行います

◆ヒブワクチンの公費助成
 川西市では、平成22年7月1日から助成が開始
 1回の接種が8,000円程度で、4,000円を限度として助成
 ※平成22年4月1日以降の接種費用が対象

◆学校施設の耐震化事業・トイレ改修(洋式化)
  緑台小学校の校舎棟および加茂・明峰・陽明・清和台・桜ヶ丘・川西小学校の屋内運動場棟
(H22年度)
  久代・清和台・東谷小学校の校舎棟の耐震補強工事の実施(H21年度)

◆奨学資金事業の拡充
 学習意欲のある高校生に対する支援の拡充

◆バリアフリー化整備支援事業
 能勢電鉄「鼓が滝駅」及び「多田駅」のバリアフリー化(H22年度)
 能勢電鉄「畦野駅」及び「平野駅」にエレベーター設置(H21年度)

◆女性特有のがん対策
 節目年齢の女性に、検診手帳と無料クーポン券を配布し検診費用を助成(H21年度~)

◆出産・子育て環境の整備(H21年度~)
 妊婦健康診査費用の助成を拡充(助成回数5回⇒14回)
 限度額25,000円⇒70,000円(検診1回につき5,000円)

◆徴収及び収納事業
 コンビニエンスストアでの市税納付がスタート(H22年度~)
 市税納付忘れなどに対応する「納税呼びかけセンター」の業務開始(H21年8月~)

◆AED配置及び購入費助成(H21年度~)
 AED(自動体外式除細動器)をコミュニティセンター配置及び自治会などへの購入費助成

◆学校ICT(情報通信技術)環境の整備(H21年度)
 デジタルテレビや教育用パソコンなど、情報教育に必要な機器などの整備

◆学校ICT支援員の配置(H21年度)
 ICT教育をサポートする専門員を期間を定めて配置

◆理科教育備品の整備(H21年度)
 新学習指導要領を円滑に実施するため、小・中・特別支援学校の理科教育備品を整備

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp