バックナンバー 2015年 2月

『市長の施政方針に対する総親元近居助成制度の拡充を』
【質問】親元近居助成制度の拡充及びプレミアム付き商品券の発行について(元気な都市再生プロジェクトについて)
【答弁】親元近居助成制度は、平成25年度に創設し、初年度の申請件数は25件であったものの、26年度には119件と大幅に増加しており、若年世帯の流入、定住化促進といった当該制度の目的に対しては、一定の効果があったものと考えている。
27年度は、この実績値をもとに予算計上し、より多くの方に助成できるよう充実したい。
 プレミアム付き商品券については、6万冊を本年7月から半年間販売する予定である。
 利用店舗の募集や、1人当たりの購入制限といった詳細の検討はこれからだが、国の経済対策である7億2千万円という巨費が市内で循環すれば、相応の効果が期待できることから、市内での使用を原則として、スムーズに流通し、本市の活性化につながるよう対処したい。
その他の質問項目
○3期目の市政に対する決意について
○行財政改革について
などについて、総括質問を46項目行いました。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp