青少年センター運営委員会が開催された。今回は、平成24年度事業内容や実施方針などについて審議を行った。
その中で、学校での不審者対応訓練等の実施が隔年であったり、教職員は夏季休暇中に、生徒は課外授業時間などを活用し実施されているとの事。しかし、事件等の発生を想定すれば、生徒と教職員の合同訓練は重要と考えられることから、今後の検討課題となった。また、インターネット・携帯について、一部の保護者からは「安全のために持たせている。もしもの時に連絡が取れなければ、学校が責任を持つのか。」との発言もあったらしいが、インターネット・携帯により巻き込まれる問題も多数発生しており、持ってからの保護者の管理が重要であると結論付けた。
最後に会長からは、生徒、学校、地域、家庭の連携であったが、生徒を包む家庭、それを包む学校、そして地域の関わりが重要であるが、教育環境の転換期を迎えているとしめくくられた。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp