阪神淡路大震災から17年。「1.17は忘れない」と題し、「ひょうご安全の日 1.17のつどい」が神戸市中央区の人と防災未来センターで開催された。メモリアルウォークのゴールが「1.17のつどい」となっていた。穏やかな天候の中、今回参加したのは王子公園からの2㎞のコースで、会場には北京オリンピックメダリスト朝原宣治さんや藤原紀香さんらと共に300名程が参加。
ゴール地点では、ひょうご安全の日推進県民会議が主催する「ひょうご安全の日 1.17のつどい」の式典が開催され、正午に参加者全員での黙とう。主催者を代表して井戸敏三知事が東日本大震災の支援について「被災地に最大の支援を行うことは、同じ被災地・兵庫の責務、必ず復興できるという希望を届けること」とあいさつされた。
続いて、新成人代表の2名が「県民のことば」で「震災を乗り越えた歩みを語り継ぎ、安全安心の社会づくりに貢献すること」と述べられ、河田恵昭(人と防災未来センター長)氏が1.17ひょうご安全の日宣言を読み上げ、参加者による献花が行われた。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp