13日に神戸市で行われた公明党・新春年賀会には約850名の方々のご参加をいただき開催された。
来賓の井戸兵庫県知事は、「県下の市長と一体で、公明党の助言を受けながら、県土づくりを進めていきたい」と語られた。
また、山口代表からは今年の経済運営について「大震災の復興への投資とアジアの成長力をどう生かすが鍵」と強調、次期衆院選挙予定候補の赤羽かずよし党県代表代行(兵庫2区)と中野ひろまさ氏(兵庫8区)が紹介され決意を述べた。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp