平成22年度の公営企業会計である水道事業・下水道事業・病院事業の決算認定が行われ、水道・下水道事業は純利益だが、病院事業は3億6千万円の純損失が出ており、その結果、累積欠損が62億円に上っており、改革プランを始めとする様々な取り組みが必要である。その他、平成22年度の一般会計・特別会計決算は休会中の審議となり、10月に実施される予定で、その時点で改めてご報告します。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp