バックナンバー 2010年 5月

青年支持者との会合を開いた。その中で政府の「政治とカネ」問題やマニフェストの進捗状況とともに、年金や医療、介護についても、将来的な不 安がある中、公明党が目指すクリーンな政治、声の届く政治、新しい福祉を中心とした考え方について説明し、持続可能で国民が納得できる内容への制度改正が 必要であることなどを訴えました。

協議事項は「移転補償跡地対策の進捗状況について」で①~⑦の各項目の報告があり協議を行った。

川西市南部地域整備計画(案)の概要
①進徳寮跡地への医療・社会福祉施設の誘致
5/27に㈳友朋会と契約が締結し、H24.4月の一部開設へ
②摂代地区の地区計画を決定
3/8付けで都市計画決定となった
③なげきの丘の公園整備
市が国有地を買取り街区公園を整備する計画で協議中
④むつみ地区における私有道路の機能保全
道路機能維持のため私道的利用の国有地の一部を市道化を調整中
⑤3地区共通
壁芯や控え壁をもつ地権者への隣接国有地の随意契約による売却処分
⑥各地区道路整備
跡地道路改良や生活道路の拡幅、市道22号の整備
⑦各地区一般移設補償跡地
H22年度末を目途に公用・公共用利用以外の移転跡地の一般競争入札で売却

アステホールで開催された「井戸知事・県政報告会」に出席させていただきました。
兵庫県が抱える人口減少や少子高齢化の課題や将来像について語られ、川西市における将来について考えさせられました。

川西北コミュニティの総会は、川西北小学校・体育館で約200名の方が出席をされて開催されました。
来賓には、大塩市長をはじめ、国会議員秘書や県議会議員が参加され、同席させていただきました。

冬柴前衆議院議員とともに川西市内の有力企業と市長を表敬訪問した。
日本経済の動向や川西市における現状などについて意見交換を行いました。

私の仲人でもあり、議員の大先輩でもある議員の訃報が届き、驚きと悲しみでいっぱいです。

下加茂・川西能勢口駅前・けやき坂・出在家町の4箇所でこどもの日の街頭演説を行いました。

こどもの日にちなんで行われた総務省の調査で、4月1日現在の15歳未満の子どもの人口は、前年比で19万人減少の1694万人となり、減少は29年連続で、過去最低を記録し、人口全体に占める子どもの割合も13.3%と過去最低との報道が成された。
川西市では13.8%と全国平均並みで、子育て支援の重要性をうったえた。

川西市議会・猪名川町議会の公明党議員団で憲法記念日の街頭演説を行いました。

日本国憲法が施行されて63回目の記念日を向え、憲法の骨格をなす「国民主権」「高級平和主義」「基本的人権の尊重」の3原則 の普遍性と2007年5月に憲法改正手続きを定めた「国民投票法」が成立し、同年8月には衆参両院に「憲法審査会」の設置され3年間をかけて憲法を審査す るとされていた。ところが民主党は、改憲派と護憲派が混在する党内事情と政局優先の姿勢から、審査会での議論に抵抗し続けてきた。
その結果、国民投票法の施行が今月18日迫っているにも関わらず、憲法審査会は設置後3年近くが経ったが、一度も開催されていない。
憲 法改正については、現憲法の3原則を堅持しつつ、時代の進展とともに提起された環境権や人権拡大などを付加し補強する「加憲」が現実的かつ妥当であるこ と。また、憲法9条の戦争放棄(第1項)と戦力不保持(第2項)を堅持しつつ、自衛隊の存続や国際貢献のあり方も各方面からの意見を踏まえ検討する必要が あること。
以上の要旨で、党の考え方について街頭演説を行った。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp