川西能勢口駅前と日生中央駅前の2ヶ所で、ヒブワクチンの公費助成を求める署名活動を行いました。

ヒブとは、ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型の事で、通常のインフルエンザウィルスとは異なり、年間600人を超えて発症し、細菌性髄膜炎などを引き起こす。発症後に治療を受けても約5%の乳幼児が死亡し、約25%に知能障害等が残っている。

感染症を未然に防ぐヒブワクチンは、世界で既に100カ国以上で接種されており、国内では一昨年12月に厚労省で認可され、昨年から国内でも販売さ れている。しかし、ワクチン接種1回の費用は8,000円程かかり、計4回の接種が望ましいとされていることから、3万円程度の負担が必要となる。そこ で、この負担軽減し、多くの子ども達が接種しやすいよう公費助成を求める署名活動を実施しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
外部リンク
サイト管理者
川西市 大矢根秀明
hide_3827@yahoo.co.jp