Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc
バックナンバー 2018年 8月

image埼玉県内で高額の詐欺被害が発生しています。夕刻、法務省を装った架空請求詐欺と思われるハガキが送られてきたとの相談がありました。

法務省ホームページにあるように、このような内容の対処方法としては,ハガキに書かれている電話番号等には「絶対に連絡しない」ようにし、「相手にしない」ことが大切です。注意を呼びかけて下さい。

http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00434.html

image本日、党本部にて「出前政調in関東」が開催。国会議員、関東5県の政策局長などが集まり、私は県本部議会対策委員会事務局長として出席しました。

これは「100万人訪問・調査運動」のアンケート結果から各県でまとめたものを国に届ける会合です。埼玉県本部からは岡崎政策局長が先月行った政策部長会の内容を踏まえ、提言。

私からは、災害発生時の情報発信、親が40歳未満で介護が必要になった場合の家族の支援について話をしました。現場からの声です。

image本日、石井国土交通大臣が東日本高速道路関東支社  道路管制センターを訪問。矢倉、平木、宮崎参院議員、蒲生県議と共にセンター内を視察しました。

image関東1都7県を管轄するセンターでは、エリア内の高速道路の道路状況、気象状況及び異常事象の発生などの情報を収集し、道路情報板などにより情報提供を行っています。

又、道路やトンネルの様々な設備の運転状況を制御・監視を行っており、トンネル内での火災時には、迅速かつ的確に避難誘導を行い、非常用設備を稼働させ、被害の拡大を防止します。大変に重要な施設です。

image本日、岡山県倉敷市真備町を訪問しました。先月の豪雨で最も被害が甚大だった地区です。亡くなられた方51名、今もなお942名の方が避難生活を送っています。改めて亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に被災された方々にお見舞い申し上げます。

image岡山県は「快晴の県」と呼ばれ、比較的災害が少ない県でした。この時期の月間降水量約130ミリなのが、7月6日からの3日間で330ミリの雨が降ったのです。激しい雨が3日間で続き、真備町の約4分の1が水没。高さ約5メートルまで水位があがった箇所を見せて頂きましたが、広域にわたって海のようになってしまったのです。

image

小田川の堤防が決壊した場所で説明を受けました。かなり古いものであるとのことです。今年度、合流点の付替え工事が始まる矢先の豪雨だったのです。いかに命を守るための治水工事が大切であるかを実感しました。

image

 

 

末正川の決壊場所、川幅が決して広くない箇所で両護岸の堤防が決壊しました。

image

 

image

 

 

 

真備町にある図書館に積み上げられた本の山、民間の復旧・復興が優先になりますので、公共施設はこれからになります。館内は黒カビと異臭が漂い、何分も立っていられません。

 

image

image

 

岡山県内最大規模の特別支援学校も被災しました。体育館の床が動き、講堂にめり込んでいます。それだけ水の力、恐ろしさを物語っているのです。

image

 

機械関係の製造現場にも伺いました。豪雨から1ヶ月が経過し、ようやく仕事を再開できるようになったそうです。元請けからの仕事のこと、従業員に支払う賃金、機械を買うべきか修理をすべきか、二重ローンの問題などに向き合わなければなりません

image

 

報道では取り上げないような災害現場の息遣いを聞き、国に繋げるべきことはしっかり進めていきます。又、埼玉県の防災対策の参考にしていきます。公明党埼玉県本部が後援した街頭募金では、約660万円が集まり日本赤十字社を通じて被災地に送られています。

image酷暑の中、復旧・復興に向け、埼玉県職員10名が派遣されています。ボランティアの方も作業をされていました。そして岡山県議会高橋英士議員、谷合参議院議員平元秘書、岡山県本部の皆さんには、大変にお世話になりました。心から感謝申し上げます。

image