Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc

image連日の猛暑が続いています。昨日、気象庁は関東甲信、東海、近畿、中国地方が「梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

そのような中、少雨の影響で10%の取水制限としていた荒川水系の4ダムの取水制限率を21日午前9時から20%に引き上げられます。同水系で20%の取水制限は1994年以来、23年ぶり。一般家庭に影響はないとのことです。

 

以下、埼玉県のホームページから転載します。

荒川水系では、7月5日(水曜日)午前9時から既に10%の取水制限を実施しています。しかし、引き続き少雨傾向であるため、荒川上流4ダム(二瀬ダム、滝沢ダム、浦山ダム、荒川貯水池)の貯水量は回復していません。

このため、本日7月20日(木曜日)に開催された「荒川水系渇水調整協議会」において、明日から取水制限を20%に強化することが決定されました。

これを受け、県では荒川水系の県管理ダム(合角ダム、有間ダム)についても同様に20%の取水制限を実施します。

また、水道用水、農業用水への影響を最小限とするため、関係団体と対応を協議するとともに節水啓発の強化などの対策を実施します。

県民の皆様には、更なる節水に御協力いただき、限りある貴重な水を大切に使っていただきますようお願いします。

http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2017/0704-09.html

コメントは受付けていません。