Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc

image本日の公明新聞に共産党議員が、先日の一般質問で制限時間を超えて発言をした内容が掲載されています。議会ルールを無視し、反省も無し。許されません!以下、掲載記事です。

 

議長の制止聞かず異例の質問取り消し
埼玉県議会

埼玉県議会で9日、一般質問に立った共産党の議員が、制限時間を超えても質問原稿を読み終えず、議長からの制止も無視して続けたため、質問の取り消しが宣告された。

 

県議会では、各議員の一般質問の時間が30分に定められている。今回、この共産議員は制限時間を超え、議長から「質問時間を過ぎている」「簡潔に」「質問をやめなさい」と再三の注意を受けながらも、用意した原稿を最後まで読み上げた。

 

議場では、自席に戻る共産議員に非難の声が沸き起こったが開き直り、議会のルールを無視したことへの反省も見られなかった。このため議長から、制限時間を超えた部分について、質問の取り消しが宣告される異例の事態となった。

コメントは受付けていません。