Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc

image本日、県議会は一般質問の初日。夜はお世話になっている社長さんが主催する忘年会、町会の防犯パトロールに参加です。ところで昨日、フリースクールや夜間中学など、多様な学びの場づくりを進める議員立法「教育機会確保法」が参院本会議で、自民、公明、民進など与野党の賛成多数で可決、成立。共産党と希望の会(自由・社民)は反対しました。以下、公明新聞記事から転載します。

 

同法は自公両党と民進党など与野党が超党派で提出した議員立法。公明党の主張が随所に反映された。学校外での「多様で適切な学習活動の重要性」を明記し、国や自治体が、個々の状況に応じた支援に向けて「必要な措置を講ずる」と規定校の子どもに対しては、「休養の必要性」を踏まえることとした。相談体制を民間団体と連携して整えることなども盛り込んだ。

 

これらにより、不登校の子どもの受け皿となっている民間のフリースクールなどへの公的支援の拡充が期待される。夜間中学については、就学を希望する人への機会の提供、各地での設置の促進などが規定された。

 

同法の実現へ公明党は、夜間中学や不登校支援の関係団体などから要望を聞き、それを踏まえた主張を超党派による議論の中で展開。特にいじめなどで苦しい状況になっても、登校を強いられて、さらに追い込まれていくケースが少なくないことから、こうした子どもの命や心の健康を守るため、休養の必要性などを訴えてきた。

 

コメントは受付けていません。