Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc
バックナンバー 2015年 3月

iwai_01_農業・酪農 地域における保育や幼児教育などの質と量を共に拡充する「子ども・子育て支援新制度」が、4月から本格的にスタートします。公明党が強力に推進してきた新制度のポイントなど28日付け公明新聞から転載します。

 

所得に応じた料金設定

 子ども・子育て支援新制度では、消費税率引き上げによる増収分を財源に、施設整備のほか、職員の処遇や配置基準の改善が進む。また、各市区町村が実施主体となり、地域の実情に合ったサービスが利用できるようになる。

 

施設を利用する際には三つの認定区分がある。「1号認定」は幼稚園などを利用する3~5歳児、「2号認定」は保育を必要とする3~5歳児、「3号認定」は保育を必要とする0~2歳児。1号認定を希望する場合は、幼稚園などに直接利用を申し込む。2、3号認定は市区町村に申請し、保育の必要性に応じて利用する施設が決まる。保育料は、国が保護者の所得に応じた上限額を定め、各市区町村が具体的な額を設定する。

 

0328hoiku多様な保育の受け皿

小規模の「地域型」創設など

 新制度では特に、多様な保育の受け皿の整備が進められる。これまでの認可保育所(定員20人以上)に加えて、少人数単位で0~2歳児に保育を行う「地域型保育」事業を創設。都市部の待機児新制度で利用できる主なサービス・施設童解消を進めるとともに、子どもが少ない地方でも、身近な地域で保育の場を確保できるようにする。

地域型保育は、(1)定員5人以下の「家庭的保育」(保育ママ)(2)定員6~19人の「小規模保育」(3)従業員や地域の子どもを預かる「事業所内保育」(4)保護者の自宅で保育を行う「居宅訪問型保育」――の4種類。こうした取り組みにより、2013~17年度で40万人分の保育の受け皿を増やす「待機児童解消加速化プラン」の着実な目標達成をめざす。

 

パート、夜間就労、求職中でも利用可能に

保育施設の利用について、従来はフルタイムでの就労などが優先されていたが、新制度ではパートタイムや夜間の就労、求職活動中、DV(配偶者からの暴力)の恐れがある場合などでも利用可能となる。また、障がい児などは、自治体が優先利用の対象とする場合もある。

 

認定こども園が一層普及

 幼稚園と保育所の機能を併せ持ち、幼児教育と保育を一緒に提供する「認定こども園」についても、幼稚園からの移行を促すなど一層の普及が図られる。0~5歳が対象の同園は、3歳未満の利用には保育の認定が必要だが、3~5歳は保護者の就労に関係なく利用できる。このため、保護者の働き方が変わっても継続して通園できる。

なお昨年には、大規模園ほど新制度で補助が減額となる場合があることが判明。認定返上の動きも浮上したが、公明党が対策を要請した結果、チーム保育を行うために配置する職員への人件費補助に、大規模園に対応した区分を設けるなどの対応が取られた。

 

幼稚園児らの一時預かり充実

 幼稚園は、(1)新制度の補助で運営(2)現行制度のまま運営(3)認定こども園に移行――など、各園で対応が異なる。新制度への移行により、園によっては保育料が変わる場合がある。

幼稚園児や家庭で育てている0~2歳児への支援としては、身近な場所で親子が遊べる「地域子育て支援拠点」を設置。急な用事などの場合に誰でも利用できる「一時預かり」も、同拠点や、保育所の空き定員などを活用し、実施していく。

全ての子育て世帯を対象に、同拠点などで専門員が子育てについての相談に対応するなどの「利用者支援事業」も創設する。

『放課後児童クラブを新たに30万人分』

 子どもの小学校入学を機に、共働き家庭で仕事と育児の両立が難しくなる「小1の壁」を打破するため、公明党の提案で政府が「放課後子ども総合プラン」を策定。児童を預かる「放課後児童クラブ」を19年度末までに約30万人分、新たに整備する。

併せて、全ての児童を対象に体験活動などを行う「放課後子供教室」と同クラブを全小学校区(約2万カ所)で一体的または連携して実施し、このうち1万カ所以上を、クラブの児童も含めた児童が子供教室に参加するなどの「一体型」とする。

恵泉女学園大学大学院 大日向雅美教授に聞く

自治体の熱意問われる
人材の発掘、養成、活用がカギ

――社会保障の柱に「子育て」が位置付けられた意義は。

大日向雅美教授 従来の社会保障は、高齢化率が低かった高度経済成長期に確立した「1970年代型」と呼ばれ、「年金」「医療」「介護」の3分野から成恵泉女学園大学大学院 大日向雅美教授り立っていました。しかし90年代以降、少子高齢化と共に子育ての難しさ、若い世代の生きづらさが顕著となりました。そこで、子どもが健やかに育ち、現役世代も安心して結婚、子育て、仕事ができる社会の構築が、社会保障の持続可能性に必要との認識から、「21世紀型の社会保障」として「子育て」に光が当たるようになりました。

2015年度予算案の社会保障分野の予算配分を見ても、子育て支援が重要施策のトップに位置付けられています。「子育て」が社会保障の“舞台”に引き上げられた意味は非常に大きいと考えます。

――子ども・子育て支援新制度をどう見ますか。

大日向 新制度は全ての子どもの幸せのために、親のライフスタイルや住む地域の違いを問わず、日本に生まれ育っている全ての子どもの発達を保障するものです。そのためにも親の自立を促し、女性の働き方も応援しようという、今の時代に適った内容です。

国は新制度の骨格を示し、必要な財源も用意しました。ここから先、地域の実情に即した施策をどう具体化するかは自治体の仕事です。行政が核となり、住民や関係団体、NPOなどとの協働体制をいかに組めるかが注目されます。自治体の熱意とセンスによって、地域格差が広がる可能性もあります。4月以降、名実ともに新制度の成果が問われるといえるでしょう。

――今後の子育て支援に必要な視点は。

大日向 「地域が主体」とは、具体的には子育て支援に動く人を地域でどれだけ確保できるかということです。“ハコモノ”を作るだけでなく、そこで活躍する人をどう確保し、その地域に即した活動をしてもらえるかが、子育て支援の質となります。

新制度が親と子にとってより良いものとなるためには、それぞれのニーズに合わせて、こども園・幼稚園・保育園などの施設や、地域の子育て支援事業から必要な支援を選択し、適切に利用できる「利用者支援事業」が要の一つとなると考えています。

特に注目しているのが、ワンストップ(1カ所)で相談を受ける体制です。相談員が地域の子育て支援拠点に常駐し、住民目線で相談を受け、必要に応じて多様な機関につなげる取り組みです。地域の人材をどれだけ発掘、養成、活用していけるかが課題です。

――公明党は一貫して子育て支援に取り組んできました。

きめこまやかな視点持つ公明議員の活躍に期待

大日向 これまで子育て支援施策の先駆的リーダーシップを発揮してくださったことに感謝しています。先ほど述べた通り、今後、人材発掘などを進める上で、地域に軸足を置いた、きめこまやかな視点が必要になります。昨年5月に公明党女性委員会がまとめた「女性の元気応援プラン」を拝見し、公明党にはこうした視点と実行力があることに感銘を覚えました。

そして何より、地方議員の力が大切になります。新制度でも支援の手から漏れてしまう家庭があります。そうした人々のSOSをキャッチし、支援にたどり着けない人に手を差し延べていく。それができるのは公明党であり、特に女性議員の皆さんだと期待しています。

DSC_0498  いよいよ今週金曜日の3日に埼玉県議会選挙が告示となります。

「はぎわら一寿」選挙事務所についてお知らせします。

 

「はぎわら一寿」選挙事務所のご案内

 

日頃より「はぎわら一寿」へのご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

   このたび、2期目の県会挑戦に当たり、下記の通り選挙事務所を開設させていただく運びとなりました。

   公私ともにご多忙のところ誠に恐縮ではございますが、近くへお越しの際には、是非お立ち寄りいただき、励ましのお言葉などを掛けていただければ幸甚に存じます。

平成二十七年三月吉日

 

はぎわら一寿 後援会

 日  時 4月3日(金)~4月11日(土)

住  所 朝日2-27-12 <金子物産(株)>

 ※4月3日(金)午前10時(予定)より、事務所前で「はぎわら一寿」の第一声を行わせていただきます。

はぎわら一寿選挙事務所_MAP

 

動く!走る! 一人のために!

 

 埼玉県議会議員候補

 はぎわら 一寿

 

 

中国の史書「十八史略」にありますが、劉邦の軍師である張良が「最後の一勝、決定的な一勝を得ればよいのです」と繰り返し言い続け、項羽軍を打ち破り、漢帝国の礎を築いたのです。この「最後に勝つ!」との思いで一日一日を走り抜いて参ります。

 

11071518_1431149933852019_7658347138156067992_n29日の夕方、川口駅東口で街頭演説会を開催しました。これには山口代表が駆けつけて下さいました。又、小雨が降る中、多くの方々にお集まり、大きなご声援を頂きました。ありがとうございました!

10838059_1431149937185352_1830692269784330838_o

いよいよ3日に埼玉県議会選挙が告示となります。12日の投票日まで2週間を切りました。大勝利に向けて、最後まで全力で走り抜いて参ります!

IMG_2453

埼玉県議会議員・はぎわら一寿です。

連日のご支援に、心より感謝申し上げます!皆様の励ましに支えられ、元気いっぱいに動き、走っております!!

【3/29街頭演説会のご案内】
「はぎわら」の応援に、山口代表が駆け付けてくださいます!私も、全力でお訴えさせて頂きます。

●3/29(日)16:30川口駅東口
 お誘い合わせの上、お越し頂ければ幸いです。

 【動画のご案内】
「はぎわら」の主張をまとめた動画、「はぎチャンネル」の第3弾、「安心な街づくり編」を公開致しました。ぜひご覧ください!
 以下のサイトの、いずれかでも観ることができます。

●YouTube

●「はぎわら一寿」ホームページ

http://www.komei.or.jp/km/kawaguchi-hagiwara-kazuhisa/

●Facebookページ

https://www.facebook.com/pages/%E3%81%AF%E3%81%8E%E3%82%8F%E3%82%89%E4%B8%80%E5%AF%BF/1398753237091689

=======================

動く! 走る! 一人のために!
はぎわら 一寿

=======================

0396_001-thumb-autox565-1340 北アフリカ・チュニジアの首都チュニスで先週18日、武装したテロリストが国立博物館を襲撃し、日本人3人を含む外国人観光客21人が殺害された。他に日本人3人が負傷した。日本人の被害者は、地中海クルーズ船でヨーロッパを旅行中に事件に遭遇した。犠牲となった方々とご遺族には謹んで哀悼の意を表し、負傷者にお見舞いを申し上げたい。

 

 チュニジア政府は、イスラム過激派組織によるテロ事件と断定した。犯行グループには、ベルギーから来たチュニジア人や、リビアで訓練を受けた者も含まれていた。過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出し、チュニジア国内の過激派組織「アンサール・シャリア」との関係も指摘されていることから、チュニジアの主要産業である観光業への打撃を狙った計画的犯行とみられている。テロ行為は断じて許されず、強く非難しなければならない。旅行者を含めた邦人に適切な情報提供を行い、十分な警戒を促すとともに、国際社会と協力してチュニジアの治安体制強化や若者の雇用に結びつく経済支援などが必要である。

 

 近年、邦人が巻き込まれる事件が海外で多発する傾向のなか、邦人を保護・救出する自衛隊の活動を含む安全保障に関する法的整備について、与党の「具体的な方向性」がまとまった。これは、5月中旬に法案を国会に提出することを目指し、与党側から一定の認識を共有した点をまとめた中間報告的なものである。これを受けて、政府は具体的な法案を作成し、さらに与党の審査を経ることとなる

 

 方向性の要点は、①自衛隊の活動が国際社会に正当なものとして受け入れられること②国民の理解を得られるように、国会の承認など民主的統制が確保されていること③自衛隊員の安全が確保されていること–などの3つだ。これらの観点から、昨年の閣議決定に基づいて法案に具体的な仕組みが定められることが求められる。

 

 わが国が平和国家としての基本を外さず、積極的平和主義を進めていけるように、自衛隊の活動に一定の歯止めをかけながら、国内外の信頼を得られる法整備を行うことが重要だ。こうした安保法制の整備は、外交活動と車の両輪をなす。

 

 先週19日、東京で日中安保対話が3年ぶりに再開された。不測の事態を回避するための「海空連絡メカニズム」などで実務的な協議を行い、一歩前進が図られた。図られた。さらに21日、韓国・ソウルで日中韓外相会談が行われた。3外相は、防災、環境、青少年交流などで一層の協力を進めていくことの認識を共有し、最も早期の都合のよい時期に日中韓首脳会談を開催するよう努力することで一致した。さまざまなチャンネルで対話・交流が活発になりつつある。東アジアの平和と安定に繋がることを期待したい。

d1e25b85  公明党が推進してきたプレミアム商品券事業が全国の多くの自治体でこれから実施されます。埼玉県では63のすべての市町村で実施されます。その販売総額は約300億円、プレミア分を含めた発行総額は約382億円になります。川口市をはじめ8割の自治体がはプレミアム率が最大となる30%になります。1万円の商品券であれば、それと別に3千円分のプレミアムつまり「おまけ」がつくものです。25日付け公明新聞から転載します。

 

  政府は24日、経済対策と地方創生を目的に2014年度補正予算に盛り込んだ自治体向けの「地域住民生活等緊急支援交付金」(総額4200億円)の配分を発表した。このうち「地域消費喚起・生活支援型」(2500億円)の対象事業は、地元の商店街などで購入価格を上回る買い物ができる「プレミアム付き商品券」が多く、全体の64%(事業費1589億円)。全国1788自治体の97%に当たる1739自治体(1709市区町村と30都道府県)が計画している。

 

 

  商品券は1万2000円分を1万円で購入できるなど、1~3割のプレミアム率を付けるものが中心。各地域での販売は5月から6月にかけて本格化する見通しだ。人口規模が大きな都市だけでも札幌、千葉、横浜、川崎、相模原、静岡、浜松、新潟、名古屋、大阪、京都、北九州、福岡の各市などで販売を予定。また、埼玉県では全63市町村が発行し、このうち約8割の50自治体が30%のプレミアムを付けることにしている。

 

  商品券以外は、地域の特産品や旅行商品を割安で購入できる「ふるさと名物商品・旅行券」の発行が25%(同615億円)。東京都を除く46道府県や約150市町村が発行を予定している。このほか、多子世帯支援を目的にした商品券の割引購入券配布や低所得者向けの灯油購入助成などにも配分した。

 

  一方、地方創生に向けた戦略作りや地域の活性化策を支援する「地方創生先行型」(1700億円)のうち基礎交付分(1400億円)の配分は、地域の観光振興や産業振興に関する事業が57%を占めた。具体的には、近隣の自治体と連携した広域の観光ルートの開発(群馬県安中市、長野県軽井沢町など)や、有害鳥獣対策として駆除したシカを用いた特産品の開発(長野県小諸市)など。政府は、優れた提案を対象にした上乗せ交付(300億円)について4月以降に募集を始める。

 

  今回の交付金は、公明党が各自治体の実情に応じて柔軟に使える制度にするよう要請。さらに具体的な使い道として、地域の消費喚起につながるプレミアム付き商品券の発行を提案し、事業に盛り込まれた。その上で各地の地方議員が2、3月の定例会で事業の具体化を強力に推進してきた。

埼玉県議会議員・はぎわら一寿です。

昨日のキュポ・ラ広場の街頭演説では、お若い皆様をはじめ多くの方から激励の言葉を頂戴し、心から感謝申し上げます。

さて、住民の命を守り、安心の街を築く――。そのための災害対策は、政治が担う大事な課題です。その観点から、私が強く訴え実現したのが、埼玉高速鉄道(SR)の駅構内での携帯電話の利用です。

市民の皆様から、SR駅構内などで携帯電話の通話やインターネット利用ができず不便だというお声を伺いました。これは、災害時に情報の受発信ができないという深刻な問題でもあります。私は昨年12月議会などで改善を強く要望。これが実り、先月から携帯電話が利用できるようになりました。

今後は、全小中学校の通学路や危険箇所に防犯カメラを設置するなど、子どもや女性に優しい、安心の街づくりを進めて参ります!

=======================

動く! 走る! 一人のために!
はぎわら 一寿

=======================

  埼玉県議会議員・はぎわら一寿です。

 将来の国や地域を担う子どもをどう育むか。政治家として私は、その課題に真正面から向き合い、結果を出してきました。

 例えば、子ども医療費(通院費)無料化の対象を中学3年生にまで拡大。また、川口市内全小中学校へのエアコン設置が決定し、炎天下でも勉強できる体制が充実します。ともに市民の皆様からいただいた切実な要望であり、行政との粘り強い交渉の成果です。

 子育て支援、教育の充実は「未来」への投資です。その推進は、必ず皆様の幸福と社会の財産につながると確信します。今後も子どもが元気な街・埼玉、川口へ、「幼児教育無償化」などを通し、子どもの健やかな成長を応援してまいります。

  埼玉県議会議員・はぎわら一寿です。本日、東日本大震災の発災から4年を迎えました。お亡くなりになった方のご冥福をお祈り申し上げますと共に、被災された方々にお見舞いを申し上げます。

 4年前、被災地へ足を運んだものの、自身の無力さを感じることばかりでした。しかし「できることから全力で取り組もう」と決め、議会質問で被災地では、がれき処理が難しく、広域処理が遅々として進まない実情を指摘し、埼玉県の対応をただしました。ここで県知事が正式に、県内でがれき処理を行う方針を表明したのです。

 復興は、まだ道半ばです。被災者の最後のお一人が立ち上がる日まで寄り添う――。この公明議員の魂を胸に、復興加速を進めて参ります。(3月11日投稿)

=======================

動く! 走る! 一人のために!
はぎわら 一寿

=======================

埼玉県議会議員・はぎわら一寿です。日々、温かい励ましをいただき、本当にありがとうございます!
 私が最も力を注いでいることの一つが救急医療です。小児救急電話相談「#8000」は好評で、私が議会で拡充を求めた結果、受付時間が翌朝7時まで延長。4月からは電話回線の増設で、つながりやすくなります。大人版救急電話相談「#7000」の受付時間も翌朝まで延長させる決意です。
 また、救急車が早く医療機関に受け入れられる体制の確立、川口市医療センターでの、がんの「緩和ケア」(患者さんの苦痛をやわらげる医療)充実を実現し、安心の医療制度を築いて参ります!
※本日9日付公明新聞7面に信号機設置の実績が掲載されました。

=======================

動く! 走る! 一人のために!
はぎわら 一寿

=======================