Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc
バックナンバー 2014年 1月

 川口市は、先月16日より市のコミュニティバスである「みんななかまバス」の運行路線を従来の4路線から7路線に拡充しました。

 

 これから全国で最も高齢化が進んでいく埼玉県、特に武蔵野線が通る内側(南側)の地域は、それが顕著と言われています。川口市民にかかわらず病院や公共施設や駅などへの交通手段としてバスを利用される方は、非常に多いのです。

 

 川口市は、北部の東川口駅周辺から川口駅周辺まで通常30分、道路が渋滞をすると1時間近くかかる時もあります。私は、市議時代より車に乗ることができない方や市の郊外にお住まいの方から、コミュニティバスの充実についての強い要望を数え切れないほど頂いておりました。

 

 公明党川口市議団は、市民からの強い要望を受け止め、以前よりコミュニティバスの充実を訴えてきました。

 

 今回、4路線あったルートを再編成して7路線になりました。

1 川口・鳩ヶ谷線  2 青木線   3 芝線   4 神根循環 (社会実験路線 運賃150円)     5 戸塚安行循環 6 新郷循環   7 南平線

以上の7路線で、バスの型式も日野「ポンチョ」31人乗りの新車が導入されました。

http://www.city.kawaguchi.lg.jp/kbn/40100005/40100005.html

上記の写真は、医療センター発着所に待機する「戸塚・安行循環線」です。

http://www.city.kawaguchi.lg.jp/ctg/40100001/40100001.html

 新年明けましておめでとうございます。本年も 宜しくお願い申し上げます。

 

 昨年は東京都議会選挙、参議院選挙など公明党が大勝利をさせて頂きました。公明党は一昨年の衆議院選挙で大躍進し、政権に復帰して以来、経済再生を掲げ、大胆な金融緩和、防災減災をはじめとする公共事業に予算投じる財政政策を推進して参りました。1年間で株価も日経平均1万6千円台に回復し、円も105円台となるなど多くの経済指標は、平成20年のリーマンショック以前の数値に戻ってきました。経済成長の兆しが出てきており、雇用も改善しつつあります。

 

 今こそ長く続いた円高デフレから抜け出すチャンスの時です。この国の最優先の政治課題は、経済再生です。そして目指すべきは、働いている方々の賃金を増やせる様にすることです。「実感できる景気回復」を実現することです。そして東日本震災大震災における被災地の復興を加速させ、年金、医療、介護、子育てなどの社会保障を充実することです。

 

 そのような状況の中、私の地元埼玉県は、これから全国で最も高齢化が進む県であります。公明党埼玉県議団が成果をあげてきた医療や介護、住宅などの様々な課題についてもさらなる推進をしていかねばなりません。

本日2日の午前中に新宿駅西口で公明党街頭演説会が行われました。

↓その時の山口代表の挨拶になります。

http://www.youtube.com/watch?v=RKrQZqmvda8&feature=c4-overview&list=UUn4qYPyxDdhvMn8-NIS0ydw

本年11月17日は、公明党結党50周年になります。この意義ある年だからこそ「大衆と共に」との立党精神を強く胸に刻みながら頑張って参ります。