Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川口市 萩原一寿
dtmp-a0509ka@diamond.broba.cc

 29日公明党議員団5名は石巻市役所を訪問。一昨年以来2度目になります。市当局の方々から東日本大震災時の状況をはじめ、ここでも貴重なお話を伺いました。

 

 宮城県石巻市は仙台市に次ぐ県内で人口が2番目の市です。大震災前の人口は約16万2千人、現在は約15万1千人です。大震災における死者3,159名、行方不明441名。大震災で最も犠牲者が出てしまいました。そのような中でも市関係者の皆さんは、復興再生に向けて懸命に取り組んでこられました。今でも大変なご苦労があると思います。

 

 復興再生に向け、今後の3つの大きな課題として①被災者の住宅の確保②産業経済の再生③社会インフラの再生を挙げられ、その他にも雇用の確保、人口の流失、マンパワー不足などの課題を言われていました。

 

 特に印象に残ったのは、入札が不調に終わるという話でした。昨年の入札率はおよそ50パーセント、応札もないという事例もあったそうです。その理由として、資材高騰により単価が上がっていること、そして人件費が上がっていることなどです。これには、国において予定価格上げることが必要です。その他の理由として、市内の生コンクリート工場が被災し不足していること。生コンクリートは、ケーキのようなもので1時間半程度で固まってしまいます。広範囲わたる市内全域にコンクリートを供給するには、生コン工場の建設が求められます。

 

 石巻市における市外からの派遣職員は、現在162名だそうですが、実際にはまだ足りず、約30名を新たに要望しているそうです。マンパワーの不足は、まだ解消されていません。市内のがれきの処理については、来年3月に終了するそうです。私が石巻市の名前を挙げて、この件を県議会一般質問で取り上げた一昨年12月には、市内のがれきの量は、処理能力に対して約100年分ありました。公明党が推進してきた広域処理が一つ実を結んだことになります。

 

 石巻市でも復興が進んでいる地域とそうでない地域がはっきり分かれているそうです。そして大震災から2年以上が経過し、様々な変化と共に、被災者の心は変わっていく事も忘れてはなりません。そのような中でも全国のボランティアの方々が復興の為に汗を流しています。心から敬意を表します。又、今回の我々議員団を受け入れて下さった公明党石巻市議会の議員団の皆様、女川の皆様に感謝を致します。いずれにしても被災地の復興は、まだ途上です。被災地の復興なくして、日本の再生がないことを決して忘れてはなりません。私も頑張ります。

 

 

コメントは受付けていません。