10日は私用で深谷市まで出向いたので、帰りに道の駅おかべに立ち寄りました。

ここの売店には深谷市のマスコットキャラクターの「ふっかちゃん」を活用した商品が多く販売されており、お菓子のコーナー、グッツのコーナーと店内飾りと多分に利用されていました。

前に私の一般質問の際に、深谷市のマスキャラの利用方法を引き合いに出させてもらいましたが、企業からの商品への活用がたいへん多く、販売額でもたしか20億円を超える売り上げだったと記憶していますが、たしかに多くの商品の梱包などに活用され、その力の入れように驚きを隠せませんでした。

また、店内には埼玉県内のアルコール類が勢ぞろいしており、酒、ビール、ワイン、焼酎と各種が取り揃えて見事な陳列でした。「ふっかちゃん」の日本酒もあり、かなり楽しめました。

川越市に於いてもだいぶ商品の品数は増えてきましたが、企業が商品の箱や梱包紙などの活用はまだまだ少ないように感じます。深谷市では企業から申し込んでくるとの回答でありました。また、道の駅については、川越市にもほしいという思いは変わりません、条件は難しいのかもしれませんが交通量の多い国道16号線沿いにぜひ設置してもらいたいと今でも考えています。特に古谷地域には可能ではないかと考えています。

IMG_0846IMG_0850IMG_0854

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp