Archive for 2016年 4月

 24日は午前に川越市腎臓病患者友の会の総会に参加し、来賓としてあいさつをさせていただきました。挨拶では、熊本地震に触れて、腎臓病患者は人工透析のために週に3回は医療機関に通わなくてはならず、地震により電気や水道などの設備が断絶されると、その施設が利用できなくなるため他の施設を探すなどの命を支える大変重要な課題に直面してしまいます。また、今年4月からは障がい者差別解消法が施行されることと併せて、東日本大震災の時にも取りざたされましたが、今後の災害における対策として真剣に取り組まなくては事であると訴え、議員としてもこれから改めて党としても対策に取り組ませていただくと述べさせていただきました。

 その後、青年とのボイスアクションのアンケート調査に合流し、前日に引き続いての活動を展開、最後に全員での記念写真も収めました。

IMG_8951集合IMG_4286IMG_8944

 23日は17日に続いての熊本・大分地方を襲った地震の被災者救援募金に参加しました。

23日も川越市被災者救援の会のメンバーと公明党川越市議団が合流しての募金活動で、昼の12時から開催させていただきました。集められた募金は同会の代表者が川越市社会福祉協議会に全額寄付する事で、集計し届けることになります。

ご協力いただきました方々に心より感謝するとともに、犠牲になられた方に心よりご冥福をお祈り申し上げると共に、被災された地域の一日も早い復旧と被災者へ心よりお見舞いを申し上げます。

IMG_7951集合写真IMG_3603IMG_5456

 23日土曜日に青年との恒例のボイスアクションに参加、アンケート調査への参加を呼びかけました。あいさつでは、アンケート調査への協力と共に、熊本地震被災者へのお見舞いと早期の復旧の思いも話をさせていただきました。

IMG_4390IMG_5477

 4月22日、市内の街頭遊説の途中で、川越市内で唯一コメの生産において、ハーブを堆肥として活用している杉山さんと遭遇しました。

 レンゲソウの一種であるクリムゾンクローバを水田として耕す前に生育させて、その後堆肥として一緒に耕す農法を川越市内で唯一実践している農家として現在脚光を浴びております。

 本日はたまたま、遊説活動の途中で田の前で杉山さんに遭遇し、その農法などについての説明も受けました。杉山さんは現在市内において、この農法で8反の水田でハーブ米を生産しているそうです。川越の新たなブランド米として、生産が普及することを期待しております。

IMG_8896IMG_6349IMG_5818

 22日、会派の桐野議員と市内を街頭遊説、公明党としての日々の活動及び政権与党としての国における公明党の活動を報告しました。

IMG_3838IMG_3607IMG_5537

 20日は午前は川越市役所での執務で、午後から埼玉県行政書士会政治連盟の県幹事会で埼玉県庁傍まで出向きました。

県庁では、久しぶりに建物などの写真を収めてきました。県庁第二庁舎や本庁舎、そして、危機管理防災センターなどを眺め、幹事会に出席してきました。

IMG_4659IMG_4362IMG_9065

 4月14日から発生した熊本地震は、その後、本震なりと大分県まで大きな地震が発生することと成り、両県をまたがり大変甚大な被害を引き起こしています。現在も余震に対する避難所生活などを余儀なくされている現状を見て、少しでもお役にたちたいと川越被災者救援の会として募金活動を計画されたので、公明党川越市議団も協力を申し出て、さらに、福永信之県議も参加して25名で17日募金活動を行いました。

 当日は午後1時から2時間の募金活動でしたが、多くの皆様から賛同の募金を預かることができ、迅速な取り組みができたことに通行する皆様からの支援を受けられたことと感じています。多くの方が被災地の現状を少しでも励ましたいとの心の表れと感謝いたしております。会では、集められた募金は全額日本赤十字社を介して被災地に送らせていただくとしております。

大泉、IMG_8921大泉、IMG_5072大泉、IMG_9170

 16日松高の同窓会、川越部会の平成28年度の総会が川越市内で開催され、参加してきました。

 総会では事業報告と今年度活動や事業参加希望なども取り、私は今年も野球観戦、歩遊部、ミニエッセイ部、ゴルフ部に登録させていただきました。ゴルフは今年三月に10年ぶりにコースに出ましたが、腕とは別に楽しい運動ができました。

CIMG4801CIMG4808CIMG4805

 

 10日から始まった坂戸市議会議員選挙は16日最終日を向かえました。10日から都合4日間応援に入らせてもらいましたが、最終日も候補は元気に自転車で遊説活動に出かけました。

IMG_7876IMG_0070

 15日夜の会議参加の為、さいたま市の県庁に出向きました。

県庁の敷地内に昨年設けられた緑の駐車場のその後が気になり見学しましたが、1か所は利用されていましたが、他の部分は何か理由があるのか、使用できないようにガードがされていました。たまたまこの日だけガードしていたのかわかりませんが、管理がうまくできれば、夏場の温暖化などにも効果があるように感じます。

川越市でも、大字小仙波のシマホの駐車場は、緑ではありませんが土の部分を取り入れた対策がされており、普段利用していても特段の支障はなく利用できています。今後このような取り組みを施した駐車場も増えるのではないでしょうか。

IMG_2319IMG_4712

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp