2月20日待望の本川越駅西口のオープン式典が挙行されました。

 式典では川越市、埼玉県、西武鉄道や地元地権者などが参加して小雨も少しちらつきましたが、盛大に開催されました。

 川合市長のあいさつや福永信之県議会議員などの来賓祝辞が披露され、さらに地元富士見中学校の演奏なども披露されて歴史的なオープン式典でありました。式典のテープカットが行われた後、一斉に西口が解放されて、本日からの利用開始となりました。

 この西口開設には、平成3年からその動きは始まりましたが、地元として活動してきた公明党の前代表を務められた清水京子前市議会議員の活躍は見逃すことができません。20年の議員生活で常に開設に向けた取り組みや議会質問を繰り返し実施してこられていました。私も2期8年一緒に活動してきて、本当に地元を考えて活動されてきました。この日の式典に参加されていないことが本当に残念でありますが、議員とは自分が賞賛されるよりも、地元の方が喜ぶ仕事を残せるかだとつくづく感じた式典でもありました。

CIMG4584IMG_0131CIMG4591

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp