卒業して30年を経過して初めて同窓会の本校の総会に参加しました。創立93年目に入り歴史と伝統の重さも感じる同窓会でしたが、総会前の講演ではポツダム宣言受託までの歴史的背景の説明を1時間10分受けて、終戦70周年を迎える本年、改めて戦争終結時の流れを知ることができました。やはり戦争は行ってはいけない、また、時の権力者が判断を誤ってはいけないことを知らされました。

 総会になって、本校の現在の校長のあいさつで現在の高校の姿が私の時代とも大きく変化していることを実感しましたが、参加している他の方々はさらに年代がさかのぼり、時代の変化を感じたのではないでしょうか。

 議事に入り、予算決算は無事に終了したのですが、会長副会長の議事に入り、理事会からの提案人事に対して異論が出され、採決したところ参加者の過半数の承認を得ることができず、人事案は否決されました。このような総会で人事案が否決に成る事態は初めての体験でしたが、採決までのやり取りを聞く中で8年後に迎える創立100周年記念事業への同窓会としての関与の仕方、記念事業に対して反対者の言い分では、特定の人物により独断専行が進められていたことに対する不満が爆発したように受け止められました。そのために前会長が勇退する際に、人事の刷新をうたったにもかかわらず、若い世代が辞任し、特定の回生のグループが集まるような刷新に逆効するような会長副会長人事案に事情を知る人たちが反旗を翻したような気がします。

IMG_3202IMG_4872OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 いずれにしても人事案が否決されたことで、早急に再度理事会を開き、新たな人事案を臨時総会に提案しなくてはならないと思いますが、この臨時総会には今回の否決の経緯もあるため、会員には臨時総会の案内を送付する際には、欠席する人の委任状も取り付けなくては公平な総会とは言えないと思うので、事務局はしっかりとした対応が求められると思います。

 総会が混乱したことで、その後の懇親会も1時間半近く開催時間が遅れてしまいましたが、一応開催されました。懇親会には否決された副会長は急きょ欠席をしたようで、空席もできていました。

 わたしと同期は3名で、テーブルも違ったのですが、途中にあいさつに出向き互いに自己紹介をさせていただきましたが、記憶を呼び起こすには時間もかかりましたが、来年はさらに同期の参加を呼びかけようとの意見で一致し、来年の再開を約束しました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp