25日昨年に引き続いて開催されたさいたまクリテリウムの開場である、さいたま新都心の開場に出向きました。昨年は雨に降られての開催で傘が開いて見えずらかった印象を持ちましたが、今年は晴天で来場者もすでに良い場所取りなどを行うため大勢がレースのコースわきに陣取っていました。

 今年は隣接するスーパーアリーナの建物の中を通過するコースに改めたため、アリーナ内でも観戦できる形となっていました。また、けやき広場では多くのブースが設けられて記念グッズや出店も多くあり、開会前の食事で利用している方もたくさん見かけ、1日の来場者数はこの限られた場所に相当数が見込まれました。当日の開会時の放送では20万人との情報も出ていましたが正確な数は後日報告されるものと思われます。

 今回の視察の目的は、メイン会場でのイベント企画の調査ではなく、今回初めて企画したPV(パブリックビューイング)を5か所に設けたことに対しての調査でしたので、開会前にメイン会場を後にしました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp