20日の土曜日に知人が入院している埼玉医科大学川越医療センターに見舞いに出向きましたが、医療センターでは現在来年5月末に完成予定の東館の建設が進んでいます。周産期施設や看護学校など関連施設が周辺にある中で、さらに東館ができることで、川越の医療センターの設備がさらに増設され、大きな医療拠点に成長していることを感じさせられました。

 この医療センターのすぐ北側には、埼玉県のドクターヘリが待機しており、川越の鴨田が県内においても大きな救急医療の拠点としての使命を担っていることを実感するとともに、川越市がそのような場所に指定されていることにも誇りと責任を感じるものであります。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp