Archive for 2014年 8月

 今日8月31日は川越市内の11の小中学校で川越市平成26年度防災訓練が開催されました。
私は南古谷小学校に参加させていただきました。
予定より30分早い7時半に現地に到着してしまい、会場の準備風景を眺めながら待たせていただきました。
開会後は、避難所開設の準備体制(実働訓練と講話)と運動場での救助・救護訓練を見学させていただきました。

 本日実施された川越市の防災訓練では、災害時の避難所での対応について、講話の中で川越市が作成している避難所運営マニュアルについても説明がありました。
共同作業であり共同生活でもあるので、協力体制やマナーについても協働の体制づくりと心構えを学ばせていただきました。

 災害は遠くでは関東大震災が近くでは東日本大震災、そして今回の広島での山からの水害など、その種類や原因など異なる場合がありますが、いづれも人間や社会の貴重な命や財産を予告なく奪い去る自然災害にどのように対応するのか、今後予想される首都圏域での災害にどのように対処してよいか、行政だけに頼る姿勢は間違いだとの認識は国民の中にも芽生えてきてはいるものの、いざ自分がその事態に遭遇したら、どう対処すべきか、どのような活動をしたらよいのか、と考えると明確な回答を引き出すことができない人も多…いのではないかと今日の災害訓練に参加して感じるものがありました。
 避難所での炊き出しの訓練で、アルファー米と缶入りパンの対応、そして、災害用給水井戸の利用方法の訓練説明、避難施設である体育館などでの共同生活のあり方、トイレの対策などプライバシーの保持などの課題も訓練に参加している方との懇談で考えさせられました。
 特に、会場に来ていた自治会の役員からは、今回の訓練会場の災害用給水井戸の水は飲料水としては利用できない、同じく南中学校も同様で基準の水質を満たしていないため、新たに飲料水として利用できる井戸の確保が必要ではないか?
 また、トイレにしても、簡易トイレの説明も受けたが、大小の利用を考えたら避難所となる場所には、既存のトイレだけでは足らない、簡易トイレも特別な場所の使用で、大勢が集まる避難所では無理がある、避難所となる場所には下水管に直結する配管施設を複数準備して、避難所となった場合には配管に接続するだけの可動式トイレや1台に10基程度のトイレを備えたトイレトレーラーを自治体で購入して、災害に備えることも大事ではないか、トイレは衛生上きれいに利用できる体制づくりが大事であるとの会話をすることができました。
 さらに、今回の説明で、避難所の体育館にテレビが接続できる体制ができたと説明がありました。一昨年の台風の際に避難所となった牛子小学校を視察させていただいた際に、避難者が情報を把握できないので、テレビを接続できる設備が必要であると、地元の櫻井支会長との懇談で意見が一致、至急要望しましょう、ということになり意見を伝えさせていただきましたが、今回は会場でテレビを設置して情報収集もできる体制になったと説明がありました。
 訓練をしたり実際の避難所の実態を視察することで、見えなかった問題が見えてくることで、万が一の時に万全を期せる体制作りができるものであると感じた今日の訓練でした。

 8月29日と30日、父の代からの知り合いで大先輩の方の通夜、告別式で「やすらぎのさと」を利用させていただきました。

 市民に待ち望んで造られた「やすらぎのさと」も改善してもらいたい利用者の声がときどき出てきます。今回通夜において受付を対応された婦人から、弔問客から記帳台が暗くて記入するのに不便であるとの声が出たとのことでした。実際式場前のロビーに記載台を設けて、そこで個々に氏名や住所を記入していただき、受付に持参するのが最近の流れです。しかし、その場所には高い場所からの照明のみで、確かに暗いと言われればその通りと感じられました。この件は今後市役所に相談していきたいと考えております。

 今回の意見をうかがったことで以前に同じ「やすらぎのさと」の件で、ご遺体を「やすらぎのさと」に移動する際に、車からの入り口が施設の裏側に用意されていますが、この場所の入り口上のひさし部分が短くて、雨の時などを棺が濡れてしまうので、改善してくれとの声をいただき市役所に相談させていただき、その後、既存のひさし部分の更にその上から雨に濡れないで済む長い屋根が取り付けれられました。このような事態はたまたま雨の日に遭遇しなければ判らないことですが、やはり故人のことを思えば、大切なことと感じます。私に声を持ってきてくれた市民には本当に感謝しています。

 このように見落としそうなことから改善されることが、住みよい真心を感じる川越づくりにつながるものと信じています。

 27日、東京の銀座にある時事通信ホールで開催された、指定都市・中核市・特例市の市長による都市間連携を関挙げるシンポジウムに参加しました。

 今回は、「地方分権の確立に向けて パート3:分権型社会における都市像を考える」と題して開催されました。

主催は指定都市市長会、中核市市長会、全国特例市市長会で、後援が全国市長会、時事通信社での開催です。

内容は、最初に指定都市市長会の会長である、林 文子横浜市長の開会のあいさつが行われました。

続いて、基調講演が、首都大学東京大学院教授 大杉 覚 氏により、「地方分権の確立に向けて~分権型社会における都市像を考える~」と題しておよそ1時間強の講演が行われました。

さらに、パネルディスカッションに入り、「地方分権の確立に向けて~分権型社会における都市像を考える~」と題しておよそ90分間、パネリストに、指定都市から新潟市の篠田 昭市長、中核市から奈良市の仲川 げん市長、特例市から明石市の泉 房穂市長が登壇し、時事通信社の明石道夫開設委員がモデレーターで、オブザーバーに講演を行った大杉氏が登壇して行われました。三市長からはそれぞれの属する市長会の現状と活動、そして自身の市の特徴と活動を最初に述べてから、テーマについてのディスカッションが繰り広げられました。

そして、最後に、中核市市長会の佐原光一豊橋市長が登壇して、シンポジウムは閉会しました。

全体的に、日本が抱えている超高齢社会、少子化時代、生産年齢層の縮小、人口減少時代に突中する問題など、課題が山積する中で地方の果たす使命と地方にその将来に向けての対策に取り組む権限を委ねてもらいたいなど、地域の住民のニーズは地域でその責任を果たすという力強い方向性が感じられるシンポジウムと受け止められました。

 会場の時事通信社のある銀座には、会場の傍に群馬県のアンテナショップと岩手県のアンテナショップがあり、中をのぞいたのですが多くの利用者が見受けられました。特に群馬県は世界遺産の富岡製糸場の紹介など時のブームを利用している感もありました。また、向かい側には歌舞伎座があり、初めて新しい歌舞伎座を眺められました。

 26日は議会開会一週間前の議会運営委員会が午前10時から開催され議長と共に参加しました。その後、会派での伝達会議を開催して議案についての会派の確認が行われ、その後、街角年金相談の事務所に出向きました。

 25日は午前に市民相談を予定していたので9時に市役所でスタンバイしていましたが、相手に不慮の事態が発生したため延期になり、午前中は視察における資料整理に費やすことができました。

 午後からは団会議が開催され、来週からの議会開会に向けての打ち合わせを行いました。また、OB議員の関係の用務で自宅訪問などの動きと公明新聞の広告活動の最後の活動ができました。

8月23日は市内の県営久下戸団地の納涼祭が行われ、福永県議と一緒に参加し、開会前に一緒にあいさつをさせていただきました。
県営久下戸団地は市内でも大きな県営住宅で自治会も単独で構成しています。
当日は最初に到着した私(大泉かずお)が先にあいさつをさせていただき、御礼と共に自治会活動の重要性と地域一体となる行事の必要性を述べさせていただきました。
引き続き、福永信之県議が立ち、久下戸団地の誕生までの経緯から述べられ、自治会役員などの活動に敬意を述べられました。
開会後に鴇田会長のあいさつがあり、その後にぎやかに幕が開きました。
県議の渋谷 実氏も引き続き訪れ、会長とそろって記念写真も撮らせていただきました。
今年の祭りは子供中心に企画が進められたと鴇田会長から伺い、大変すばらしい試みであると話させていただきました。

8月23日は三富地域農業振興協議会のご案内による「三富新田世界農業遺産推進シンポジウム」に参加させていただきました。
会場は三芳町の「コピスみよし」で午後1時30分から開催されました。
内容は、講演とパネルディスカッションが中心に行われました。
開会後に、スライド上映があり、三富地域の歴史を紹介されました。
開会のあいさつが、三富新田世界農業遺産推進協議会の会長で三芳町町長の林 伊佐雄三芳町長から行われ、その後、来賓あいさつで埼玉県知事の上田 清司知事、農林水産省 関東農政局長の末永 広行局長から行われました。
一部:講演は、東京農業大学 名誉教授 進士 五十八氏による「三富新田の現代的な価値とは」と題して行われました。

二部:三富新田世界農業遺産推進シンポジウム~平地林が支える循環型農法~
二部のシンポジウムでは地元で活躍する方々を招いてのパネルディスカッションが開催されました。
コーディネーターは国連大学の永田 明 氏
パネリストに三芳町川越いも振興会会長 伊藤 蔵衛 氏、石坂産業㈱代表取締役 石坂 典子 氏、落ち葉野菜研究グループ リーダー島田 喜昭 氏、国連大学 イウォーン・ユー氏が登壇しました。
テーマとして「未来に繋ぐ平地林が支える循環型農法」で進められました。

 8月22日は予定がかなり入っており、忙しい一日となりました。

 午前9時25分~、議長室において自治会連合会の会長、副会長との面談を議長と共に立ち会いました。面談の内容は自治会連合会の総意としての要望書の提出でありました。

 午前9時55分~、会議室において執行部からの説明と話し合い。

 午後1時~、委員会室において、文化教育常任委員会委員と教育委員会との懇談会。今回のテーマは教育委員会制度の変更についてと学校における携帯電話、スマホの対応についての意見交換会となりました。

 午後3時~、議会運営委員会に議長と共に参加。議会改革その他継続案件の協議でした。次回は26日、9月議会とその他についてとなります。

 午後5時過ぎ~、団会議に途中から参加。

 午後7時~、公明党川越総支部議員会に参加。

となり、空き時間の無い活動となりました。

 8月19日は東京都千代田区の全国都市会館で開催された都市行政問題研究会の総会に参加しました。

 都市行政問題研究会は昭和32年11月14日に設立されたもので、会員の資格は人口25万人以上の都市83市の市議会議長(任意加盟)を持って構成されます。

 目的は、加盟市が資料及び情報の交換等により相互の市政の発展を図ることを目的とします。

 加盟市を3つのブロックに分けて会長などの役員を分担しますが、川越市は第1ブロックに属し、埼玉県内では川越市の他、さいたま市、川口市、所沢市、越谷市が会員であります。

 研究会では2年ごとの研究テーマを掲げて調査研究を進めていきますが、平成26・27年度の研究テーマ「都市における公共交通のあり方」をテーマとすることに決まりました。ちなみに平成24・25年度のテーマ「都市における災害対策と議会の役割」をテーマに行ってきました。

 総会議事終了後に、国土交通省総合政策局公共交通政策部交通計画課長の上原 淳氏による「地域公共交通の現状と今後の課題」と題した講演が行われました。

 8月18日埼玉県市議会議長会第2区議長会の平成26年度新旧正副議長研修会が、今年度会長市の狭山市内で開催されました。

 第2区議長会は、川越市、所沢市、飯能市、東松山市、入間市、富士見市、坂戸市、鶴ヶ島市、日高市、ふじみ野市、狭山市の11市で構成されています。

 平成26年度は狭山市が会長市であるため狭山市で開催されました。研修会では最初に会長の狭山市議会議長のあいさつが行われ、その後、新任正副議長の紹介が行われ、辞職された6名の副議長に対して感謝状が贈呈されました。

 研修会においては、東京家政大学の児童教育科 教授の森尻 強氏による「超高齢社会に備え~健康の鍵は足裏にあり~」と題しておよそ2時間の研修が行われました。歩行の慣習の減少、歩き方、歩く姿勢から男女の骨格的な差異による運動の違いなどを聞き、健康長寿のために何が必要か、そして立った際の足裏の形で健康状態までわかることなど、高齢化社会においての健康維持と増進について学ばせていただきました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp