Archive for 2014年 3月

 30日は新宿区の信濃町まで出向きました。駅には公明党本部もあり、信濃町周辺も観光のできる街で時々訪れてみたい場所です。

 29日春祭りイベントの出し物として毎年多くの観光客から賞賛を受ける川越藩火縄銃の鉄砲隊が市役所前で出番を待っている光景を眺めました。皆さんが甲冑を着て勇壮に待機している姿に勇ましさが感じられました。

 記念写真も撮らせていただきましたが、これだけの甲冑を用意できることにも感動してしまいました。

 29日のオープニングでは、会場に来ていた私と同じ行政書士会の会員でもある片山さつき参議院議員、私が会員として登録している川越商工会議所の立原会頭、そして火縄銃鉄砲隊の総大将であります岩堀社長、金子社長とも写真を撮らせていただきました。

 川越市では本日から5月6日まで小江戸川越春まつりが開幕いたしました。

午前11時から仲町交差点を会場にオープニング式典が開催され、川合善明川越市長、江田議長や川越商工会議所会頭、小江戸川越観光協会の後援団体が参加する中で盛大に開催されました。

 式典の前には鳶組合の皆さんの梯子乗りが披露され、テープカットの後には星野学園のマーチングバンド、踊りなど歩行者天国の一番街通りで、大勢の観光客を迎えてにぎやかなスタートがきれました。

 25日は市役所まで自転車で出かけていたので、昼休みに市内の蔵造り通りを見学しながら食事に出かけましたが、通りには気候も良いせいか多くの観光客が見えていました。時の鐘の周りにも多くの方が来ていましたが、外国の方も多くその中に見つけることができました。

 時の鐘は今年度に耐震補修の工事が必要との診断結果で判断され、新年度に設計積算が見込まれて、その後、来年度から工事が予定されています。川越のシンボル的存在ですから、しっかり改修が望まれるところです。

メインの通りには多くの観光客が道路の両側を通行していますが、青空の空に蔵造の街並みが大変映えていました。

 観光客も通りの店の商品に並んだり、珍しそうに眺めたりと観光を楽しんでいるように見え、写真を撮っている方も多く見かけました。29日に春祭りがオープンしますが、今後さらに増加するのではと期待をしています。

 途中で知り合いの焼きそば店に寄りましたが、今年の2月の2回の大雪は大変商売に影響した。普段でも日にちが少ない2月で、その上の大雪で客足が途絶えて、売り上げに大変影響している。農業も大変な被害が出たが商店街も大きなダメージをこうむったとの話を伺いました。記録的な豪雪がこんなところでも被害を出していると改めて実感をいたしました。

 24日午後に小江戸蔵里の中に出店している「蔵カフェ」という店舗に立ち寄りました。この店のオーナーは私の中学校高校の同級生と聞き、一度訪問しようと思っていたのですが、今日彼が店をオープンするまでの話をする機会を持てました。

 今後川越の観光の為にも頑張ってもらうことをお願いして記念写真を撮って次の訪問を約束し市役所に向かいました。

 24日川越第一小学校の卒業式に参加した際に、このたび小学校の1か所のトイレが水洗化されていることを先生から伺い、見学させていただきました。

 入り口の扉もきれいな青とピンクで色分けされ、中の便器もすべてセンサー式の洋式トイレに変更されていました。まだ、すべてのトイレの変更ではありませんが、現在の子供では家庭では多くの家庭で様式に代わっているとも聞きますが、これでトイレ嫌いも幾分かは解消されるのではないでしょうか。ただ、4月から正式に利用開始のようですが、利用者がこの場所に集中するのではないかと多少危惧もいたしました。できる限り早期の全面改修が望まれると実感もいたしました。

 24日は地元川越第一小学校の卒業式が行われました。

今回の第67回卒業式では3クラス95名の生徒が小学校の6年間の義務教育を卒業して4月から中学校に進みます。生徒一人一人が壇上で会場に向かって氏名を呼ばれて大きな声で返事をする姿に大変感動を覚えました。

 23日朝川越駅を利用した際に川越駅西口を見ましたが、間もなく利用開始を予定しているのでみた限りではほぼ完成のように見えました。利用開始は今秋くらいになると思いますが、早く利用したい気分です。

 また、駅の切符発売所の行先金額掲示板には4月からの消費税改定に伴う金額変更の為、掲示板に張り紙が出ていました。

 消費税の改正には今後意見も出て来ることも予想されますが、2年前の三党(民主・自民・公明党)による社会保障を維持するための措置で、アップ分はすべて社会保障に充てるとの明確な指針も出ているので、そのための国民への理解する説明を私たちもしっかり実施し、また、政府を監視する使命もあると自覚しております。

 22日は午前中に埼玉県中の公明党議員の研修にさいたま市まで出向きました。

研修は12時過ぎで終了しました。研修では公明党議員の活動の報告と県代表による公明党が今年11月17日で結党50周年を迎えるにあたっての議員活動のあり方、公明党議員の議員としての使命について、そして50周年を迎えて次の50年に向けての活動の原点を示されました。議員としての立場は大変難しいことで、党の一員であることを忘れることなく日々まい進する決意を新たにできた会合でした。

 帰りがけに会場の庭の梅の花にしばし足を止めて香りを味わってまいりました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp