Archive for 2014年 1月

 24日川越市の芳野台にある川越東部工業会協同組合の新春講演会と賀詞交歓会に出席させていただきました。

 講演会では、三井住友トラスト基礎研究所主席研究員でテレビマスコミ界でも有名な伊藤洋一氏を講師に迎えて「日本経済の活力を生み出すもの」と題してアベノミクスから今後の日本の状況を予測するような視点での貴重な講演を聞くことができました。

 賀詞交歓会では、山﨑理事長の新年のあいさつに続いて、川合市長、神山国会議員、そして県議会議員を代表して公明党の福永県議が挨拶を行いました。

 23日川越総支部の定例議員会に輿水恵一衆議院議員が参加、議員会の確認事項の後に輿水代議士からの国政についての報告が行われました。

 国会での総理の靖国神社参拝問題、中国・韓国との軋轢、特定秘密保護法の対応、東京都知事選の動向などの説明を受けた後、介護に絡む地域包括支援策の質問と私からは2020年の東京オリンピックに対する埼玉県の公明党としての取り組みについて質問をさせていただきました。

 川越市議会文教常任委員会では1月20日から22日にかけて委員会視察を実施しました。

視察先は、小浜市(小浜市・若狭町歴史文化基本構想について)と福井市(安居中学校の取り組みについて)加賀市(文化財の保護と活用について)の三市を訪問させていただきました。視察の内容については、別欄(研究欄)に後日記録させていただく予定でありますので、こちらでは省かせていただきます。

 18日夕方から川越市文化団体連合会の新年会に議長の代理として参加させていただきました。

 新年会では、開会の後、会長の逝去を受けて1分間の黙とうをささげた後、会長代行の関口副会長のあいさつが行われ、その後、来賓として私から祝辞を述べさせていただき、その後懇親の場がスタートしました。

 途中から各団体から出し物として団体の芸が披露されてにぎやかさを増して華やいだ新年会となりました。私も最後にカラオケを披露する羽目になり、お粗末ながら1曲歌わせていただきました。

 18日松山高校同窓会の川越支部の新年会が川越市内で開催され参加しました。

 例年新年会が開催されて今年で6年目ですが、現在の会員が100名を若干かける状況のようですが今年も20名の参加で開催することができました。

 現役世代も50歳過ぎくらいからぼちぼち加入してきてはいますが、やはり現役引退してからとの認識を持たれるようですが、定年になってからよりも地域の仲間のグループとして活動しておくのも良いものと考えております。

 活動も土日がメインで私もミニエッセイクラブとハイキングのグループに属していますが、エッセイは年4回、ハイキングも2~4回程度の開催の為、支障なく参加できております。なお、カラオケグループは活発に開催しているようです。他にゴルフもあります。

渡邊会長、細田副会長などのあいさつの後、懇親会とくじ引きゲームやカラオケなど楽しく過ごさせていただきました。

 川越市議会公明党議員団の政策検討視察(1月15日~17日)が行われ、会派の一員として同行させていただきました。

 今回の視察では、豊橋市の市街地活性化問題に取り組む「まちなかマルシェ事業」などの空洞化するまちなかに如何に人の流れや人集めを行うか、その取り組みを視察させていただきました。

 伊勢市においては、市内に点在する文化財をいかに活用するか、また文化財の意義についても広義な解釈で文化財としての認識を市民にも理解していただく中で、市内の全域を文化財として活用する「伊勢市全市博物館構想」の取り組みについて学ばせていただき、文化財の数では川越市も相当あるので、その事業展開を説明を受けながら構想を練らさせていただきました。

 最後に袋井市では、市内全体で取り組んでいる「健康チャレンジ、すまいる運動」について、市民全体を対象として健康維持や健康増進に向けて、市民総体で健康志向するための特典つきの啓発の取り組みについて、学んできました。川越市においても川合市長が昨年からラジオ体操の励行を叫んできていますが、多くの市民が日常の中で健康に視点をおいて運動を心がけることの重要性を感じ実践することは大変大事であります。

 私自身も健康問題についての取り組みは議会でも実施してきましたが、今後は今回の視察で学んできたことと合わせて、リハビリ体操(リハビリ中の方や体に障害を持っている方も行える体操)の推進も大事で、健康体操は健常者だけが行うものではなく、運動しようと思えば誰でも実施できる幅広い体操の視点が必要と考えています。

 今回の視察では、今後の議会活動における新たな視点での勉強ができたことを実感し、今後議会質問等でも活用していきたいと感じております。

 14日は昼からの埼玉県行政書士会の新年賀詞交歓会に参加しました。川越支部から行政書士会政治連盟の県幹事に選任されており、新年のスタートにあたり来賓の出迎えをいたしました。

 埼玉県知事や県内選出の国会議員、埼玉県議会議員や関係団体からの来賓も多く参加されましたが、私の所属する公明党からも西田代表の他国会議員と福永県議会議員をはじめ西山、蒲生県議も参加しました。

 開会後、会長挨拶の途中で川越市議会の議会運営委員会が1時半から開催されるため、川越に急いで帰り、議会運営委員会に遅刻せずに出席できました。

 13日公明党では川越市の成人式が行われた後の3時過ぎから川越駅東口にて、福永県議会議員を迎えて市議団7名で記念街頭を行いました。

 私もマイクを持ち、新成人に対しての激励の言葉と合わせて、新成人を含めて若者世代がしっかりと勉強しその後に勤務する場所が、更には将来の生活設計を組めるような雇用の安定した社会を構築しなくては、少子化対策と口で叫んでも改善されない、若者の雇用の安定した社会づくりに公明党の一議員として全力で活動していくことを訴えさせていただきました。

 13日午後1時から川越運動公園総合体育館で開催された第65回川越市成人式に出席させていただきました。

 昨年は大雪の為、タクシーを手配したり、バスで行こうとしたり、といろいろと工夫を考えましたが結局会場に行くことができずに欠席となりましたが、今年は天候もよく晴れやかな成人式となりました。

 会場には開式前から体育館前に多くの成人者が集合しており、大変華やかで川越市と埼玉県のマスコットキャラクターの「ときも」と「コバトン」も参加して記念撮影を行っている風景も眺められました。

 今年の成人者は、男子1,764名、女子1,760名の合計3,524名となりましたが、成人者が生まれた20年前と比べて3,000名ほど減少しております。この数字を見ても少子高齢化は現実味を帯びているものを感じます。

 12日午後から川越鳶組合の新年会に議長の代理で出席しました。

 開会されたのちに、頭取の新年のあいさつが行われ、その後、川合市長などの来賓挨拶のあとに議長代理としてあいさつをさせていただきました。

 懇親会に移りましたが、次の新年会も控えており、しばし懇談のあとカラオケを1曲披露させていただいて次の開場に移動いたしました。

 川越市体育関係団体の新年賀詞交歓会には議会からは正副議長の他に四常任委員会の委員長と共に出席させていただきました。

 こちらには国会議員、県議会議員も多く参加しており、大勢の来賓あいさつが実施されたのちに懇親会に入り、川越市内の多くの体育関係団体の方との名刺交換などもさせていただきました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp