8日夕方の4時前から突如停電になり、あわてて近所に確認に回ったところ、自宅近辺が停電になっていることを確認。

 自宅に戻り、早速東電に電話をするも、混雑の為応答がなく、仕方なくネット等で確認したところ一部地域の停電であることを確認しました。早速、懐中電灯などをそろえましたが、一部情報では回復は午後六時半過ぎとのことも伺い、石油ストーブを出しての暖房の確保をしました。

 その後も携帯から東電に連絡するも確認中とのコメントのみで、見込みが判明しないまま待機を研ぎなくされましたが、自転車で近所を確認に回って見ましたが、自宅に電気が転倒しているところもあり、どのエリアが停電なのか、確認もできませんでした。自宅の自動車にエンジンをかけて暖を取っている方もいました。町内でも停電を知らない人もおり、会話の中でこんな時に一人住まいの高齢者などは不安だろうと実感を改めました。

 六時半過ぎに、噂通りに突如電燈が点きましたが、原因は確認できませんでしたが、およそ900世帯が停電したようです。明日には新聞報道されると思いますが、冬の時期の停電の怖さを改めて実感をさせられ、日ごろの備えの大事さを感じさせられました。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp