Archive for 2013年 8月

 24日県本部の研修会に参加するため、市役所に集合したのですが、その際に市役所庁舎裏側に回ったところ、1階北側の庁舎の窓ガラスには、川越市のマスコットキャラクターのイラストが以前貼られていたのは認識していましたが、今回新たな形で張り替えられていることに気づきました。

 また、市役所正面には、太田道灌像の裏側に緑のカーテンが涼しさを醸し出している風景を見て、暑さももう少しで終わると感じることができました。

 24日熊谷市のホテルヘリテイジを会場に、夏恒例の埼玉県本部夏季議員研修会が開催され、中央から石井政調会長を迎えて開催されました。

 開会に先立ち、石井政調会長と西田代表を囲んでの記念撮影を撮らせていただきました。

 研修会は、冒頭先の参議院選挙で埼玉選挙区から当選した矢倉かつお参議院議員からあいさつと国会での活動状況の報告がなされ、その後、福永埼玉県幹事長から参議院選挙の総括が報告されました。

西田代表からは、明年公明党結党50周年を迎えるに当たり、結党時の精神を忘れることなく原点を常に意識した活動を強く訴えられました。

石井政調会長からは、政府が進める社会保障改革に対する国民会議からの報告の概要についての説明が十分行われ、その後質疑も2人から行われました。

終了後に、同じく先の参議院選で全国比例区で当選した、平木大作参議院議員からもあいさつが行われ、盛大な中で研修会が終了することができました。なお、輿水恵一衆議院議員も研修会に参加しておりました。

 川越市農業委員会の夏恒例の暑気払いが開催され、委員として参加してきました。

 22日午前10時からの議会運営委員会が開催され、江田議長と共に副議長として会議に出席。

 議会改革についての議会基本条例への取り組みについて協議が行われ、今後政策検討会議において協議が進められることが確認されました。

 午後からは会派の団会議にも参加、党としての活動の確認が行われました。

 17日川越市のシルバー人材センターが企画、川越市と小江戸川越観光協会が協力している「小江戸川越・伝説妖怪ナイトツアー」に昨年に引き続いて参加しました。

 今年も恩師・佐々原先生がガイドを務めていただくことで、高校の同窓会を兼ねてのツアーとなりました。今回はその他、川越おかみさん会の皆さんとの同行でにぎやかなものとなりました。

 夕方6時からのスタートではありますが、当日はすでに5時過ぎから受け付けが混雑してきて、最終的には400人近い参加者が出た模様であります。1組20名前後のグループでスタートするので、20名ほどのガイドが活躍したことになります。私たちのグループは最終組に近く6時近くのスタートになりました。

 スタート後はポイントごとに立ち止まって、ガイドの説明を受ける形で、スタート当初はまだ明るかったのですが、途中からは町灯りに頼っての移動となり、ガイドも時々詳しい説明をするためにライトを照らしてのガイドブックを開いての説明も行ってくれました。

 コースの中で、ときどき本物の妖怪が出てきて、いわれなどを本人が説明する場面にも遭遇し、場所によっては子供さんの泣き出す声も聞こえて、臨場感のある場面にも遭遇しました。

 今回のコースツアーには、私ども公明新聞の記者も最後まで同行して、今回の企画の内容や実際の体験をしていただき、シルバー人材センターの活躍やイベントの効果などを取材と共に体験していただくことができました。

 川越市の夜の観光客誘致に対して議会の一般質問で、川越市の伝統的建物を有効活用し、歴史と伝統のある川越の魅力を創出し、夜間観光のためのイベント、ライトアップなどを企画すべきと提案してきたことに対して、市と関係団体などが協力して新たな取り組みが軌道に乗り出してきたことに、非常に感動を覚えるとともに、更なる拡大と定着を支援していきたいと考えております。公明新聞記者もライトアップやプロジェクションマッピングと時にもできたら取材したいとの声を頂きましたので、再度依頼したいと考えております。

 13日お盆の休みをかねて、日帰りで家族サービスとして茨城県の那珂湊漁港のおさかな市場に出かけてきました。

 会場の市場にはお盆にも関わらず、店がすべて開いており、多くの観光客で賑わっていました。目当ての回転寿司で朝食兼昼食を食べて、焼きたてのサザエや岩カキを食し、英気を養って帰ってきました。久々の市場でしたが期待を裏切らないバカンスを楽しませていただきました。

 12日夜に少し落雷も感じられる中、車の給油をかねて市内を見学、蔵造り通りが幻想的に映る風景を眺めてきました。

 10日の土曜日、川越市では花火大会が今年は伊佐沼を会場に午後7時から8時半までの間、約6,000発の花火を打ち上げ盛大に開催されました。

 今年はゲリラ豪雨で隅田川花火大会などが中止になるなど、天候が非常に気になる中での開催でありましたが、最後まで天候に恵まれた花火大会となりました。

 6時50分から川合市長のあいさつ、江田議長の祝辞、大会実行委員長の挨拶のあと、7時ちょうどに第1発目が打ち上げられると続きざまに連発で盛大に幕開けが行われました。

 当日は川越警察署長などと共に副議長として招待を受け、式典から参加させていただき満喫させていただきました。特に、埼玉県内ではこの伊佐沼会場だけしか打ち上げられないという「水中スターマイン」には感動をいたしました。

 夏本番となり、大変暑い気候が続く中、市民からは道路にはみ出す雑草の苦情が続いて相談されました。

 大仙波、小仙波地域を流れる九十川の川沿いの道に市道の両側からの雑草が伸びすぎて、走行や治安が不安との声を頂き、現場を視察してきました。

 また、古谷や芳野地域の入間川沿いの市道には、土手から伸びすぎた雑草が道路にはみ出してきており、自動車の擦れ違いに土手のへりが判らない、自転車の走行にも支障をきたす、などなどこの土手沿いの道は長く、検証で走行してみても非常に擦れ違いなどに不便が生じていることが理解できました。さいたま市のエリアに入ったところからは、土手と道路の間に、側溝が整備されており、この工事を川越エリアにも広げてもらいたいとの思いもあります。

視察後に川越市の担当に相談し、埼玉県や国土交通省への働きかけも含めて対応を依頼しました。

 前日に引き続いての仙波1丁目の盆踊り大会が4日午後7時から開催されました。

 今年は例年とは趣を変えて、焼きそばや空揚げ、フランクフルトなどの食べ物を提供する趣向を凝らし、多くの方が参加してにぎやかに開催されていました。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp