25日伊佐沼を通過した際に、今まで見事に咲いていた蓮の群生がその花に代わって種子が熟して茶色のお椀状の種子が緑の葉の中からたくさんそびえていました。種子は土の中に零れ落ちても、殻が固いためそのままでは発芽しないと説明を受けた記憶がありますが、今年も保存会の皆さんが間もなく種子の回収を行うのではと思われます。

コメントは受付けていません。

Twitter
Twitter
mizuyokazuo
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
川越市 大泉一夫
ooizumi-3298-2007@pop.kcv-net.ne.jp